隔岸観火の意味と読み方 - 四字熟語


隔岸観火の四字熟語の画像 隔岸観火の四字熟語の壁紙
読み方
かくがんかんか
意味
岸を隔てて火を観る。他人の災難の手助けをすることなく、ただ見物すること。対岸の火事と同じ意味の言葉。元は兵法三十六計の一つで、内乱などで敵が自滅するのと黙って待つ戦術のことをいう。
タグ
「か」から始まる四字熟語



このページのQRコード

メールを送る