再従兄弟の意味と読み方 - 四文字熟語


再従兄弟の四文字熟語の意味と読み方 再従兄弟の四文字熟語の壁紙
読み方
さいじゅうけいてい
意味
またいとこ。祖父母の兄弟の孫。日本では従兄弟同士の子。父母の兄弟姉妹の孫。
『はとこ』はとこは、自分からみて祖父母の兄弟姉妹の孫である。
6親等の傍系親族の一つ。
再従兄弟(またいとこ)、ふたいとこともいう。
定義 父方か母方の、祖父か祖母の両親、つまり曽祖父母の曽孫のなかで、自分と兄弟姉妹、いとこを除いた者。
親同士がいとこ、祖父母同士が兄弟姉妹、曽祖父母が同じという関係の相手。
いとこおじ・いとこおばの子供。
大おじ・大おばの孫。
祖父・祖母の大甥・大姪。
親とおじ・おばのいとこ甥・いとこ姪。
はとこの曽祖父母は、一組が自分自身の血縁の曽祖父母である。
一組は大おじか大おばの義父母、残り二組はいとこおじ・いとこおばの配偶者の祖父母となり、これらは自分とは遠縁となるため、親族関係は発生しない。
はとこの祖父母4人のうち1人は、自分の祖父母4人のうち1人の兄弟姉妹である。
はとこの父か母は、自分の父か母の父方か母方のいとこである。
はとこの高祖父母より前の祖先は、全体の組数のうちの1/4が自身の祖先に当たる。
相互が「兄弟姉妹の孫同士」に当たる関係を「はとこ同士」という。
義理 自身の血縁関係にあっても6親等の関係であるほか、自身ないし近親者の婚姻や養子縁組にともなって義理のはとこが生じるため、家系上は自身の同世代であるものの、年齢的には親子ほどの差が生じる場合もしばしば見られる。



このページのQRコード

メールを送る