三草二木の意味と読み方 - 四文字熟語


三草二木の四文字熟語の意味と読み方 三草二木の四文字熟語の壁紙
読み方
さんそうにぼく
意味
あらゆる草木がその大きさに関わらず平等に雨の惠を受けて育つように、資質・能力に差がある衆生も仏の教えによっていつかは平等に悟りを開くことが出来るということ。また仏のおしえは一つであるが、衆生の受け取り方はさまざまであることのたとえ。「三草」は三種の有用な草、「二木」は大樹・小樹のこと。



このページのQRコード

メールを送る