フランツ・カフカの名言「書物は我々のうちなる凍った海…」

Franz Kafka ドイツ語作家

書物は我々のうちなる凍った海のための斧なのだ。

英文:A book must be the axe for the frozen sea inside us.

フランツ・カフカの名言

注目の名言

私ほど偉大になると、謙虚になることは難しい。 真の道は一本の網の上に通じている。その網は、空中に張られているのではなく、地面のすぐ上に張ってある。渡って歩くためよりは、つまずかせるためのものであるらしい。 自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。 食べ物に対する愛より誠実な愛はない。 慈悲にはしすぎるということがない。 すべての者は生まれながらに知恵を求める。 できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。 人は、泳げるようになりたいと願いながら、同時に片足を地面につけているものだ。 私が掲げるアイデアは私のものではない。私はソクラテスから借用し、チェスターフィールドからくすね、キリストから盗んだ。それを本にも書いた。彼らの鉄則が気に入らないなら、誰のアイデアを使えばいいんだ? 神はすべてを数と重さと尺度から創造された。 私が成功することができたのは、仕事場に時計がなかったおかげである。 突飛な意見を持つことを恐れるな。今日認められている意見は皆、かつては突飛だったのだ。 俺はトレーニングが大嫌いだった。でも、自分にこう言い聞かせたんだ。「絶対にあきらめるな。今は耐えろ。そして残りの人生をチャンピオンとして生きろ」 不可能とは、自らの力で世界を切り開くことを放棄した、臆病者の言葉だ。不可能とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。不可能とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。不可能とは、誰かに決めつけられることではない。不可能とは、可能性だ。不可能とは、通過点だ。不可能なんて、ありえない。 私は、わがままでせっかちで少し不安定。ミスを犯すし、自分をコントロールできないときもある。でも、もしあなたが私の最悪の時にきちんと扱ってくれないなら、私の最高の瞬間を一緒に過ごす資格はない。 この世界は食べ物に対する飢餓よりも、愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。 しばしば、直観が頼みの綱になる。 兵士諸君、ピラミッドの頂から、四千年の歴史が諸君を見つめている。 マナーというものは、ソースをテーブルクロスにこぼさないことではなく、誰か別の人がこぼしたとしても気にもとめない、というところにある。 権力の唯一の義務、それは国民の社会福祉を保障することだ。 自由であるというのは、単に己の鎖を脱ぎ捨てるだけではなく、他人の自由を尊重し、向上させるような生き方をすることである。 誰にも愛されていないと、みんなに愛されているふりしなきゃなんないのよ! 真の恋の道は、茨の道である。 自分の誤りを認めなければならないことほど耐えがたいものはない。 態度と言うのはちょっとしたものだが、大きな違いを生み出す。 人間の偉大さは、考える力にある。 腹が立ったら、しゃべる前に十数えなさい。すごく腹が立ったら、百数えなさい。 最悪の病気と最悪の苦しみは、必要とされないこと、愛されないこと、大切にされないこと、全ての人に拒絶されること、自分がだれでもなくなってしまうことだと、より実感するようになりました。 決断しないことは、ときとして間違った行動よりたちが悪い。 これがわれわれの希望である。この信念を抱いて、私は南部へ戻って行く。
このページのQRコード