ウィリアム・シェイクスピアの名言「輝くもの、必ずしも金ならず。 」

輝くもの、必ずしも金ならず。

ウィリアム・シェイクスピアの名言

注目の名言

その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ。 生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。 私は、わがままでせっかちで少し不安定。ミスを犯すし、自分をコントロールできないときもある。でも、もしあなたが私の最悪の時にきちんと扱ってくれないなら、私の最高の瞬間を一緒に過ごす資格はない。 最悪の病気と最悪の苦しみは、必要とされないこと、愛されないこと、大切にされないこと、全ての人に拒絶されること、自分がだれでもなくなってしまうことだと、より実感するようになりました。 些細なことに真心を尽くしなさい。あなたの強さは些細なことの中にあるのですから。 怪物と闘う者は、自らも怪物にならぬよう、気をつけるべきだろう。深淵をのぞきこむ者は、深淵からものぞきこまれているのだ。 もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか? 不可能とは、自らの力で世界を切り開くことを放棄した、臆病者の言葉だ。不可能とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。不可能とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。不可能とは、誰かに決めつけられることではない。不可能とは、可能性だ。不可能とは、通過点だ。不可能なんて、ありえない。 僕は読書が大好きだ。もっと多くの人に本を読むようアドバイスしたい。本の中には、まったく新しい世界が広がっているんだよ。旅行に行く余裕がなくても、本を読めば心の中で旅することができる。本の世界では、何でも見たいものをみて、どこでも行きたいところに行ける。 恐るべき競争相手とは、あなたのことをまったく気になどかけず、自分の仕事を常に向上させ続けるような人間のことだ。 誰にも愛されていないと、みんなに愛されているふりしなきゃなんないのよ! 真の恋の道は、茨の道である。 結局のところ、私に才能はあったのだろうか。 諸物の多様さと混乱のうちにではなく、つねに単純さのうちに真理は見出される。 真の友情は、本当の事を教えられるという事である。友情は、盲目と無知の中には存在しないのだ。 世界で最高の教育とは、その道を極めた人の働く姿を見ることだ。 我々が本当に愛するのは、人間そのものではなくて、人間のもっている特性ということになるのである。 青春が幸福なのは、美しいものを見る能力を備えているためです。美しいものを見る能力を保っていれば、人は決して老いぬものです。 人はしばしば不合理で、非論理的で、自己中心的です。それでも許しなさい。人にやさしくすると、人はあなたに何か隠された動機があるはずだ、と非難するかもしれません。それでも人にやさしくしなさい。成功をすると、不実な友と、本当の敵を得てしまうことでしょう。それでも成功しなさい。正直で誠実であれば、人はあなたをだますかもしれません。それでも正直に誠実でいなさい。歳月を費やして作り上げたものが、一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。それでも作り続けなさい。心を穏やかにし幸福を見つけると、妬まれるかもしれません。それでも幸福でいなさい。今日善い行いをしても、次の日には忘れられるでしょう。それでも善を行いを続けなさい。持っている一番いいものを分け与えても、決して十分ではないでしょう。それでも一番いいものを分け与えなさい。 自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。 親は子供に助言し導くことはできるけど、最終的な人格形成は子ども自身の手に委ねられている。 品質とは、誰も見ていないときにきちんとやることである。 神はすべてを数と重さと尺度から創造された。 君の友人を教えなさい。そうすれば、君がどういう人間か言ってみせよう。 試合に「負けた」ことは一度もない。ただ時間が足りなくなっただけだ。 わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。 人間は事実に反することを想像してもよいが、事実しか理解することはできない。事実に反することを理解したとしたも、その理解は間違っている。 道は天地自然の未知なる故、講学の道は敬天愛人を目的とし、身を修する克己をもって終始せよ。己に勝つ極功は「意なし、必なし、固なし、我なし」と云えり。 行動を伴わない想像力は、何の意味も持たない。 想像力のない奴に、翼は持てない。
このページのQRコード