ウィリアム・シェイクスピアの名言「不幸というものは、耐える力が…」

不幸というものは、耐える力が弱いと見てとると、そこに重くのしかかる。

ウィリアム・シェイクスピアの名言

注目の名言

真の道は一本の網の上に通じている。その網は、空中に張られているのではなく、地面のすぐ上に張ってある。渡って歩くためよりは、つまずかせるためのものであるらしい。 最悪の病気と最悪の苦しみは、必要とされないこと、愛されないこと、大切にされないこと、全ての人に拒絶されること、自分がだれでもなくなってしまうことだと、より実感するようになりました。 私ほど偉大になると、謙虚になることは難しい。 自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。 私は、わがままでせっかちで少し不安定。ミスを犯すし、自分をコントロールできないときもある。でも、もしあなたが私の最悪の時にきちんと扱ってくれないなら、私の最高の瞬間を一緒に過ごす資格はない。 腹が立ったら、しゃべる前に十数えなさい。すごく腹が立ったら、百数えなさい。 慈悲にはしすぎるということがない。 その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ。 不可能とは、自らの力で世界を切り開くことを放棄した、臆病者の言葉だ。不可能とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。不可能とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。不可能とは、誰かに決めつけられることではない。不可能とは、可能性だ。不可能とは、通過点だ。不可能なんて、ありえない。 食べ物に対する愛より誠実な愛はない。 兵士諸君、ピラミッドの頂から、四千年の歴史が諸君を見つめている。 もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか? 俺はトレーニングが大嫌いだった。でも、自分にこう言い聞かせたんだ。「絶対にあきらめるな。今は耐えろ。そして残りの人生をチャンピオンとして生きろ」 薄弱な願望は、薄弱な結果をもたらす。ちょうど小さな炎が少量の熱をもたらすように 私が成功することができたのは、仕事場に時計がなかったおかげである。 すべての者は生まれながらに知恵を求める。 私が掲げるアイデアは私のものではない。私はソクラテスから借用し、チェスターフィールドからくすね、キリストから盗んだ。それを本にも書いた。彼らの鉄則が気に入らないなら、誰のアイデアを使えばいいんだ? 試合に「負けた」ことは一度もない。ただ時間が足りなくなっただけだ。 マナーというものは、ソースをテーブルクロスにこぼさないことではなく、誰か別の人がこぼしたとしても気にもとめない、というところにある。 読書は、論争のためではなく、そのまま信じ込むためでもなく、講演の話題探しでもない。それは、熟考のためのものなのだ。 しばしば、直観が頼みの綱になる。 みんな平和について語るけど、誰もそれを平和的な方法でやってないんだ。 吟味されざる生に、生きる価値なし。 我慢は力よりも気高く、忍耐は美しさに勝る。 ねたみとは魂の腐敗である。 科学は、知覚以外の何物でもなし。 人間の偉大さは、考える力にある。 自分の誤りを認めなければならないことほど耐えがたいものはない。 神はすべてを数と重さと尺度から創造された。 恋に対する治療法は、よりいっそう愛すること以外にない。
このページのQRコード