上杉謙信の名言「家訓16ヶ条「宝在心」
一、…」

うえすぎ けんしん 戦国時代の越後国の武将・戦国大名

家訓16ヶ条「宝在心」
一、心に物なき時は心広く体泰なり
一、心に我儘なき時は愛敬失わず
一、心に欲なき時は義理を行う
一、心に私なき時は疑うことなし
一、心に驕りなき時は人を教う
一、心に誤りなき時は人を畏れず
一、心に邪見なき時は人を育つる
一、心に貪りなき時は人に諂うことなし
一、心に怒りなき時は言葉和らかなり
一、心に堪忍ある時は事を調う
一、心に曇りなき時は心静かなり
一、心に勇みある時は悔やむことなし
一、心賤しからざる時は願い好まず
一、心に孝行ある時は忠節厚し
一、心に自慢なき時は人の善を知り
一、心に迷いなき時は人を咎めず

上杉謙信の名言

注目の名言

臆病者は本当に死ぬまでに幾度も死ぬが、勇者は一度しか死を経験しない。 神はすべてを数と重さと尺度から創造された。 人はしばしば不合理で、非論理的で、自己中心的です。それでも許しなさい。人にやさしくすると、人はあなたに何か隠された動機があるはずだ、と非難するかもしれません。それでも人にやさしくしなさい。成功をすると、不実な友と、本当の敵を得てしまうことでしょう。それでも成功しなさい。正直で誠実であれば、人はあなたをだますかもしれません。それでも正直に誠実でいなさい。歳月を費やして作り上げたものが、一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。それでも作り続けなさい。心を穏やかにし幸福を見つけると、妬まれるかもしれません。それでも幸福でいなさい。今日善い行いをしても、次の日には忘れられるでしょう。それでも善を行いを続けなさい。持っている一番いいものを分け与えても、決して十分ではないでしょう。それでも一番いいものを分け与えなさい。 幸せを与えてくれるのは、富でも豪華さでもなく、穏やかさと仕事である。 障害がおそろしいものに見えるのは、目標から目を離すからだ。 中国語で書くと、危機という言葉は二つの漢字でできている。ひとつは危険、もうひとつは好機である。 想像力のない奴に、翼は持てない。 目隠しした馬の様に範囲の限定された目的は、必ずその持ち主の視野を狭くする。 問題になっていることに沈黙するようになったとき、我々の命は終わりに向かい始める。 人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない。 人類は戦争に終止符を打たなければならない。さもなければ、戦争が人類に終止符を打つことになるだろう。 真の恋の道は、茨の道である。 不幸は、本当の友人でない者を明らかにする。 空っぽのポケットほど、人生を冒険的にするものはない。 最も長生きした人間とは、最も年を経た人間のことではない。最も人生を楽しんだ人間のことである。 持っている金は、自由への手段であり、求めている金とは、隷属への手段である。 受け入れずして思想をたしなむことができれば、それが教育された精神の証である。 社交家とは、女性の誕生日はいつも覚えていながら、彼女の年齢を忘れてしまう人のことだ。 真冬、私はついに自分の中に非常に揺るぎない夏があることを悟った。 海のほか何も見えないときに、陸地がないと考えるのは、けっしてすぐれた探検家ではない。 あなたが本当に笑うためには、あなたの痛みを取って、それで遊べるようにならなければなりません。 「すべて事もなし」… これが私の新しい哲学よ 人の嗜好を法で支配することはできない。 生きることは音楽的であること。体内の血が踊り出すところから始まる。すべての生命がリズムを刻んでいる。君は、君の音楽を感じているかい? 行動を伴わない想像力は、何の意味も持たない。 詩人は目に見える表現の中では画家よりはるか下に見られ、目に見えぬ表現の中では音楽家よりもはるか下に見られる。 すべての答えは出ている。どう生きるかということを除いて。 極楽も 地獄も先は 有明の 月の心に 懸かる雲なし 武力によって敵を制する者は、その半ばを制するにすぎない。 自由なものなど何もない。鳥さえも空につながれている。
このページのQRコード