ジャン=ポール・サルトルの名言

Jean-Paul Sartre 哲学者|小説家|劇作家

地獄とは他人のことだ。

英文:Hell is other people.

ジャン=ポール・サルトルの名言

注目の名言

先に見出し、後に捜し求めよ。 死ぬことは、ちっとも怖くない。 薄弱な願望は、薄弱な結果をもたらす。ちょうど小さな炎が少量の熱をもたらすように 行動こそが、知性を測る真の物差しである。 白人は黒人の背中に30cmのナイフを突き刺した。白人はそれを揺すりながら引き抜いている。15cmくらいは出ただろう。それだけで黒人は有難いと思わなくてはならないのか?白人がナイフを抜いてくれたとしても、まだ背中に傷が残ったままじゃないか。 ベストを尽くしてみると、あなたの人生にも他人の人生にも思いがけない奇跡が起こるかもしれません。 わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。 一時間の読書をもってしても和らげることのできない悩みの種に、私はお目にかかったことがない。 あらゆる成功へのスタート地点は“願望”だ。このことを常に心に留めておきなさい。 人生で最も永続的でしかも緊急の問いかけは、「他人のために、いまあなたは何をしているか」である。 陪審というのは、どちらにすぐれた弁護士がいるか決めるために選ばれた12人で構成されている。 真実だけでできていたなら、歴史はすばらしいものだったろうに。 大きなチャンスは、今まさに君の足元にあるかもしれない。 もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか? 倫理とは生命に対する畏敬の念以外の何ものでもない。 目標とは、締切期限付きの夢である。 生きている者とは、闘っている者だ。 私はあるがままの自分を受け入れてくれることだけを望む。 真の道は一本の網の上に通じている。その網は、空中に張られているのではなく、地面のすぐ上に張ってある。渡って歩くためよりは、つまずかせるためのものであるらしい。 道徳を云々するものにとっては、退屈こそひとつの重要な問題である。というのは、人類の罪悪の少なくとも半分は、退屈を恐れるあまりおかされるものであるから。 誰にも愛されていないと、みんなに愛されているふりしなきゃなんないのよ! 知恵とは、何に目をつぶるかを学ぶこと。 自分の夢に向かって確信を持って歩み、自分が思い描く人生を送ろうと努めるならば、きっと思いがけない成功にめぐり合うだろう。 かぶりついて仕事せよ。 今あなたが立っている 場所から、今持っている馴染みの道具を使って始めなさい。より良い道具は、あなたが進むにつれて現れるだろう。 多数の友を持つ者は、一人の友も持たない。 優れた科学者を生み出すのは知性だと人は言う。彼らは間違っている。それは人格である。 我々は理性によってのみではなく、心によって真実を知る。 もし君と僕がりんごを交換したら、持っているりんごはやはり、ひとつずつだ。でも、もし君と僕がアイデアを交換したら、持っているアイデアは2つずつになる。 強い愛は、分け隔てをせず、ただ与えるものです。
このページのQRコード