ジャン=ポール・サルトルの名言「人間の運命は人間の手中にある…」

Jean-Paul Sartre 哲学者|小説家|劇作家

人間の運命は人間の手中にある。

ジャン=ポール・サルトルの名言

注目の名言

人は皆、有用の用を知るも、無用の用を知らず。 他の人たちがどう思おうと関係ないでしょ? 自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。 最善の生き方は一回に一日ずつ生きること… 神はすべてを数と重さと尺度から創造された。 奇跡なのは、私たちがこの仕事をすることではなく、それをすることが幸せだということです。 私は9,000回以上シュートを外し、300試合に敗れた。決勝シュートを任されて26回も外した。人生で何度も何度も失敗してきた。だから私は成功したんだ。 幸せかどうかは、自分次第である。 ブルータス、お前もか。 私達の財産、それは私達の頭の中にあります。 人を動かすには模範を示すことが大切だ。というより、それしかない。 芸術に決して完成ということはない。途中で見切りをつけたものがあるだけだ。 私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。 限界ギリギリで一日を終えて、ベットに入ったときのあの幸せ感は、他にはないですね。 香水をつけない女性に未来はない。 人を判断するには、どのように答えるかより、どのような問いをするかによるべきである。 手段の完璧さと、目的の混乱。この2つが、私達の主な問題に見える。 一貫性というのは、想像力を欠いた人間の最後のよりどころである。 自信とは、問題の本質を理解していないときに現れるものだ。 知的な人々の中に幸福を見いだすことは滅多にない。 シンプルであることは、複雑であることよりもむずかしいときがある。物事をシンプルにするためには、懸命に努力して思考を明瞭にしなければならないからだ。だが、それだけの価値はある。なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、山をも動かせるからだ。 往時においては、母国のために死ぬことは心地よく、ふさわしいものであると書かれた。しかし近代戦争では、戦死が心地よく、ふさわしいものは何もない。諸君は犬のように死ぬであろう。 私の一番つらかった戦いは、最初の妻とのものだ。 孤独は優れた精神の持ち主の運命である。 人間は現在もっているものの総和ではなく、彼がまだもっていないもの、これからもちうるものの合計である。 この世界は食べ物に対する飢餓よりも、愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。 腹が立ったら、しゃべる前に十数えなさい。すごく腹が立ったら、百数えなさい。 ロケットロードは寄り道をしない。後戻りもしないただ一直線に宇宙へ伸びる道まんまお前みたいだな。日々人。 詩人は賞賛など求めてはいない。信じてもらいたいだけだ。 一時間の読書をもってしても和らげることのできない悩みの種に、私はお目にかかったことがない。
このページのQRコード