ジャン=ポール・サルトルの名言「生きることと書くことを、作家…」

Jean-Paul Sartre 哲学者|小説家|劇作家

生きることと書くことを、作家は一つにすべきだ。

ジャン=ポール・サルトルの名言

注目の名言

他の人たちがどう思おうと関係ないでしょ? 最善の生き方は一回に一日ずつ生きること… 音楽は、天使たちの語らいである。 真の道は一本の網の上に通じている。その網は、空中に張られているのではなく、地面のすぐ上に張ってある。渡って歩くためよりは、つまずかせるためのものであるらしい。 自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。 神はすべてを数と重さと尺度から創造された。 人は皆、有用の用を知るも、無用の用を知らず。 奇跡なのは、私たちがこの仕事をすることではなく、それをすることが幸せだということです。 人を動かすには模範を示すことが大切だ。というより、それしかない。 人は兄弟姉妹として、共に生きていく術を学ばなければならない。それが出来なければ、私たちは愚か者として共に滅びることになる。 私の一番つらかった戦いは、最初の妻とのものだ。 疑いは知のはじまりである。 君子は平安でのびのびしているが、小人はいつでもくよくよしている。 手段の完璧さと、目的の混乱。この2つが、私達の主な問題に見える。 人を判断するには、どのように答えるかより、どのような問いをするかによるべきである。 自信とは、問題の本質を理解していないときに現れるものだ。 恐るべき競争相手とは、あなたのことをまったく気になどかけず、自分の仕事を常に向上させ続けるような人間のことだ。 ロケットロードは寄り道をしない。後戻りもしないただ一直線に宇宙へ伸びる道まんまお前みたいだな。日々人。 芸術に決して完成ということはない。途中で見切りをつけたものがあるだけだ。 私はじっとしている事が出来ない。探索し、実験していないとダメなのだ。私は自分の仕事に満足したことがない。私は自分の想像力の限界に憤る。 父親というのは、自分の子どものことは分からないものだ。 義を見てせざるは 勇無きなり 脳は不思議な器官だ。朝起きた瞬間に働きはじめ、オフィスに着くまで活動をやめない。 シンプルであることは、複雑であることよりもむずかしいときがある。物事をシンプルにするためには、懸命に努力して思考を明瞭にしなければならないからだ。だが、それだけの価値はある。なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、山をも動かせるからだ。 怪物と闘う者は、自らも怪物にならぬよう、気をつけるべきだろう。深淵をのぞきこむ者は、深淵からものぞきこまれているのだ。 孤独は優れた精神の持ち主の運命である。 香水をつけない女性に未来はない。 小さなことは本当に小さい。でも、小さなことを真心を込めて行うことは偉大なことなのです。 貧しい人たちに生命だってあげることはできます。しかし、微笑を浮かべてそれをしなければ、何も与えることにはなりません。 薬を10錠飲むよりも、心から笑った方がずっと効果があるはず。
このページのQRコード