マーク・トウェインの名言

Mark Twain 作家|小説家

教育とは、うぬぼれた無知からみじめな曖昧さへの道である。

英文:Education: the path from cocky ignorance to miserable uncertainty.

マーク・トウェインの名言

このページのQRコード

メールを送る

注目の名言

生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある。 最悪の病気と最悪の苦しみは、必要とされないこと、愛されないこと、大切にされないこと、全ての人に拒絶されること、自分がだれでもなくなってしまうことだと、より実感するようになりました。 愛が恐れているのは、愛の破滅よりも、むしろ、愛の変化である。 その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ。 真の恋の道は、茨の道である。 夢をかなえる秘訣は、4つの「C」に集約される。それは、「好奇心」「自信」「勇気」そして「継続」である。 早寝早起きは、健康、富裕、賢明のもとである。 できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。 世界の歴史とは、まさに偉人伝である。 人生は歩く影にすぎない。 恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く、こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げて行く。 私は蝶のように舞い、蜂のように刺す。奴には私の姿は見えない。見えない相手を打てるわけが無いだろう。 短くて口に出しやすい言葉でも、心のこもった言葉はある。そんな言葉はいつまでも心の中に輝き続ける。 想像できることは、すべて現実なのだ。 人は、個人的な狭い関心事を越え、人類全体に関わる広い関心事に向かうようになって初めて本当の人生を歩み始めるのである。 生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。 喜びとは、魂を捕まえられる愛の網なのです。 屋根を修理するなら、日が照っているうちに限る。 音楽とは、世界がその歌詞であるような旋律である。 英知に関する本の第一章は、正直さについてだ。 ものを知らない人はよくしゃべり、よく知っている人はあまりしゃべらない。 一羽のツバメが来ても夏にはならないし、一日で夏になることもない。このように、一日もしくは短い時間で人は幸福にも幸運にもなりはしない。 主は平凡な顔立ちの者を好むのだ。それゆえにそういう顔をたくさん造られたのだ。 喜びとは、目的をあたため続け、知性を輝かせ続ける神聖な炎である。 些細なことに真心を尽くしなさい。あなたの強さは些細なことの中にあるのですから。 待ちさえすれば、なんでもやってくるのだ。 幸せかどうかは、自分次第である。 批判するな。自分自身を批判する前に。批判するな。批判する覚悟がないのなら。 良心は精神の声であり、情熱は肉体の声である。 いかなる政府も、手ごわい野党なくしては長く安定することはできない。


ジャン・コクトー-|詳細

芸術家は自分の芸術について語ることはできない。植物が園芸を語れないように。

英文:An artist cannot speak about his art any more than a plant can discuss horticulture.

ジャン・コクトー
Jean Cocteau(芸術家)
ウィリアム・ジェームズ-|詳細

快活さを失った場合、それを取り戻す最善の方法は、いかにも快活そうにふるまい、快活そうにしゃべることだ。

ウィリアム・ジェームズ
William James(哲学者|心理学者)
津田梅子-|詳細

高い志と熱意を持ち、少数だけでなく、より多くの人々との共感を持てれば、どんなに弱い者でも事を成し遂げることができるでしょう。

津田梅子
つだ うめこ(教育者)
孔子-|詳細

二度と帰らぬものは過ぎ去った歳月である。二度と会うことができないのは死んでしまった親である。

孔子
こうし(哲学者)
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー-|詳細

支配することが最も少ない政府が、最良の政府である。

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
()
イチロー-|詳細

成績は出ているから今の自分でいいんだ、という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない。

イチロー
鈴木 一朗(すずき いちろう)(プロ野球選手)
ラルフ・ワルド・エマーソン-|詳細

雄弁は、君が話す人に真実を完全にわかりやすい言語に翻訳する力である。

ラルフ・ワルド・エマーソン
Ralph Waldo Emerson(思想家|哲学者|作家|詩人|エッセイスト)
ウィリアム・シェイクスピア-|詳細

どうせ年をとるなら、陽気な笑いでこの顔にシワをつけたいものだ。

ウィリアム・シェイクスピア
()