1. トップ
  2. 名言
  3. チャールズ・M・シュルツ

チャールズ・M・シュルツの名言一覧

チャールズ・M・シュルツの詳細

チャールズ・モンロー・シュルツ(Charles Monroe Schulz, 1922年11月26日 - 2000年2月12日)は、アメリカ合衆国の漫画家。代表作である『ピーナッツ』でよく知られている。 生涯 シュルツは貧しいドイツ系の移民で理髪師だった父・カールと、ノルウェー系の移民だった母・ディナの一人息子としてミネソタ州ミネアポリスに生まれ、セントポールで育った。生後2日後に叔父から、当時の人気漫画『バーニーグーグル』に登場する馬の「スパークプラグ」にちなんで「スパーキー」という渾名をつけられる。これは後にシュルツの初期のペンネームとして使われている。自分の理髪店を開店したカールは新聞の漫画に夢中で、これがシュルツに大きな影響を与えた。 小さい頃から絵の才能に恵まれ、幼稚園の最初の日にシュルツの絵を見た先生から「あなたは画家になるかもしれないわ」と言われたことがシュルツの心に大きく響いたという。 内気な性格だったが勉強は良くできて、小学校時代に2学年飛び級している。シュルツのインタビューによれば、この頃に年上で体格も大きいクラスメイトに仲間はずれにされた経験が、将来のチャーリー・ブラウンの”誕生”に繋がったという。

チャールズ・M・シュルツの81の言葉