1. トップ
  2. 名言
  3. ジョージ・エリオット

ジョージ・エリオットの名言一覧

ジョージ・エリオットの詳細

ジョージ・エリオット(George Eliot、1819年11月22日 - 1880年12月22日)は、イギリスの作家。本名はメアリー・アン・エヴァンズ(Mary Anne Evans、マリアン Marian ないしメアリ・アン Mary Annとも)。ヴィクトリア朝を代表する作家の一人で、心理的洞察と写実性に優れた作品を発表した。『アダム・ビード』『サイラス・マーナー』『ミドルマーチ』などの作品で知られており、特に『ミドルマーチ』は後世のヴァージニア・ウルフによって賞賛され、マーティン・エイミスやジュリアン・バーンズによって英語で書かれた最高の小説のひとつに数えられている。 ウォリックシャー、アーバリーの土地差配人のもとに生まれる。母は後妻であった。メソジスト派の雰囲気の中に育ち、1832年にバプテスト派の宗教色の強いコヴェントリーの学校に入れられるが、翌年に母が死去し、父の世話をみるために退学。以後家庭で古典や外国語を学ぶ。少女時代のエリオットは敬虔な福音主義者であり、感受性が鋭く知識欲の旺盛な子供であった。

ジョージ・エリオットの37の言葉