1. HOME
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ツユクサ(露草)

ツユクサ(露草)|花言葉と誕生花

《学名:Commelina communis》
原産地、日本、東アジアのツユクサ科ツユクサ属ツユクサ(露草)は、学名Commelina communisです。英語ではDayflowerと表記し別名をオウセキソウ(鴨跖草)、ツキクサ(着草、着き草)、ウツシグサ(移草)、ホタルグサ(蛍草)、ボウシバナ(帽子花)、アオバナ(青花)、ハナダグサ(縹草)と呼ばれています。開花時期は6月~9月。花色は青色。名前の由来は早朝に咲いた花が昼頃にはしぼんでしまい朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという。田んぼのあぜ道や道端などに生えている日本中どこでも見られる雑草です。夏の季節に開花します。

ツユクサ(露草)
ツユクサ(露草)の写真

ツユクサ(露草)の花言葉

尊敬
恋の心変わり
敬われぬ愛
わずかな楽しみ
なつかしい関係
小夜曲(セレナーデ)

ツユクサ(露草)の誕生花



詳細

学名
Commelina communis
英語
Dayflower
科属名
ツユクサ科ツユクサ属
和名
露草
別名
オウセキソウ(鴨跖草)、ツキクサ(着草、着き草)、ウツシグサ(移草)、ホタルグサ(蛍草)、ボウシバナ(帽子花)、アオバナ(青花)、ハナダグサ(縹草)
原産地
日本、東アジア
季節
夏の季節
開花時期:6月~9月。花色:青色。名前の由来は早朝に咲いた花が昼頃にはしぼんでしまい朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという。田んぼのあぜ道や道端などに生えている日本中どこでも見られる雑草です。

その他の植物

ハナモモ(花桃)の詳細

ハナモモ(花桃)

気立てのよさ、恋のとりこ、恋の奴隷、あなたに夢中

シャコバサボテン(蝦蛄葉サボテン)の詳細

シャコバサボテン(蝦蛄葉サボテン)

美しい眺め、もつれやすい恋

オイランソウ(花魁草)の詳細

オイランソウ(花魁草)

合意、一致、温和、協調、あなたの気に入れば幸せです、あなたに同意、あなたの望みを受けます

スミレ(菫)の詳細

スミレ(菫)

慎み深さ、謙虚、謙遜、誠実、小さな幸せ

ユズリハ(楪・譲葉・交譲木)の詳細

ユズリハ(楪・譲葉・交譲木)

若返り、世代交代、譲渡

ヌルデ(白膠木)の詳細

ヌルデ(白膠木)

信仰(神や仏などを信じること)

アマドコロ(甘野老)の詳細

アマドコロ(甘野老)

元気を出して、心の痛みの分かる人、小さな思い出