1. HOME
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ツユクサ(露草)

ツユクサ(露草)|花言葉と誕生花

《学名:Commelina communis》
原産地、日本、東アジアのツユクサ科ツユクサ属ツユクサ(露草)は、学名Commelina communisです。英語ではDayflowerと表記し別名をオウセキソウ(鴨跖草)、ツキクサ(着草、着き草)、ウツシグサ(移草)、ホタルグサ(蛍草)、ボウシバナ(帽子花)、アオバナ(青花)、ハナダグサ(縹草)と呼ばれています。開花時期は6月~9月。花色は青色。名前の由来は早朝に咲いた花が昼頃にはしぼんでしまい朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという。田んぼのあぜ道や道端などに生えている日本中どこでも見られる雑草です。夏の季節に開花します。

ツユクサ(露草)
ツユクサ(露草)の写真

ツユクサ(露草)の花言葉

尊敬
恋の心変わり
敬われぬ愛
わずかな楽しみ
なつかしい関係
小夜曲(セレナーデ)

ツユクサ(露草)の誕生花



詳細

学名
Commelina communis
英語
Dayflower
科属名
ツユクサ科ツユクサ属
和名
露草
別名
オウセキソウ(鴨跖草)、ツキクサ(着草、着き草)、ウツシグサ(移草)、ホタルグサ(蛍草)、ボウシバナ(帽子花)、アオバナ(青花)、ハナダグサ(縹草)
原産地
日本、東アジア
季節
夏の季節
開花時期:6月~9月。花色:青色。名前の由来は早朝に咲いた花が昼頃にはしぼんでしまい朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという。田んぼのあぜ道や道端などに生えている日本中どこでも見られる雑草です。

その他の植物

アルストロメリアの詳細

アルストロメリア

エキゾチック、未来への憧れ、持続、幸福な日々

ヒメヒマワリ(姫向日葵)の詳細

ヒメヒマワリ(姫向日葵)

憧れ、崇拝、誘惑

グロキシニアの詳細

グロキシニア

華やかな日々、媚態、欲望

ライスフラワーの詳細

ライスフラワー

豊かな実り

ハナカイドウ(花海棠)の詳細

ハナカイドウ(花海棠)

温和、美人の眠り

カリブラコアの詳細

カリブラコア

心が和らぐ、自然な心、穏やか、穏やかな心、あなたといると心が和む、あなたといる安らぎ

タイマツバナ(松明花)の詳細

タイマツバナ(松明花)

野性的、安らぎ、やわらかな心、火のような恋、感受性豊か、燃える思い、身を焦がす恋、感受性豊か、燃え続ける想い、安らぎ