1. HOME
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. センブリ(千振)

センブリ(千振)|花言葉と誕生花

《学名:Swertia japonica 》
原産地、日本、朝鮮半島、中国のリンドウ科センブリ属センブリ(千振)は、学名Swertia japonica です。英語ではSwertia Herbと表記し別名、当薬(とうやく)と呼ばれています。花色は白色、紫色など。開花時期は9月~11月。夏の季節に開花します。

センブリ(千振)

センブリ(千振)の花言葉

義侠(弱い者を助けること)の愛

センブリ(千振)の誕生花



詳細

学名
Swertia japonica
英語
Swertia Herb
科属名
リンドウ科センブリ属
和名
センブリ(千振)
別名
当薬(とうやく)
原産地
日本、朝鮮半島、中国
季節
夏の季節
花色:白色、紫色など。開花時期:9月~11月。

その他の植物

ハコベ(繁縷)/ハコベラの詳細

ハコベ(繁縷)/ハコベラ

初恋の思い出、愛らしい、密会

アメリカフヨウ(アメリカ芙蓉)の詳細

アメリカフヨウ(アメリカ芙蓉)

日ごとの美しさ、しとやかな恋人、はなやかな生活

ノイバラ(野茨)の実の詳細

ノイバラ(野茨)の実

詩、才能、無意識の美

ボタン(牡丹)の詳細

ボタン(牡丹)

恥じらい、富貴、高貴、壮麗

アマドコロ(甘野老)の詳細

アマドコロ(甘野老)

元気を出して、心の痛みの分かる人、小さな思い出