1. HOME
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. キンモクセイ(金木犀)

キンモクセイ(金木犀)|花言葉と誕生花

《学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus》
原産地、中国のモクセイ科モクセイ属キンモクセイ(金木犀)は、学名Osmanthus fragrans var. aurantiacusです。英語ではfragrant orange-colored oliveと表記し別名をケイカ(桂花)、タンケイ(丹桂)、モクセイカ(木犀花) と呼ばれています。開花時期は10月。花色はオレンジ色。秋の季節に開花します。

キンモクセイ(金木犀)
キンモクセイ(金木犀)の写真

キンモクセイ(金木犀)の花言葉

謙遜
真実
陶酔
初恋

キンモクセイ(金木犀)の誕生花


秋になるとどこからともなく香よってくるキンモクセイの香り。 オレンジ色のかわいい花から、この香りがしてくると秋の訪れを感じます。花言葉に付けられている「謙虚」「謙遜」は香りに比べ花が小さいことから付けられたようです。

また、キンモクセイの香りには強い鎮静やリラックス効果があると言われておりそのためか、花言葉にも「陶酔」といった言葉が付けられています。日頃ストレスを感じている方はキンモクセイの香りでリラックスしてみてはどうでしょう。この香りには食欲を抑える効果があるそうです。

日本では芳香剤が有名ですが、中国では楊貴妃が愛飲したといわれる お酒や、お茶の香り付けにお花をいれているそうです。

学名のOsmanthus fragrans var. aurantiacusは
Osmanthus(オスマンサス) = 「モクセイ属」
fragrans = 「芳香のある」
aurantiacus = 「橙黄色の」
Osmanthus(オスマンサス)は、ギリシャ語の「osme(香り)と anthos(花)」が語源 です。

キンモクセイは、モクセイ科モクセイ属の常緑小高木のモクセイ(木犀)の変種で他にもウスギモクセイ(薄黄木犀)があります


詳細

学名
Osmanthus fragrans var. aurantiacus
英語
fragrant orange-colored olive
科属名
モクセイ科モクセイ属
和名
金木犀
別名
ケイカ(桂花)、タンケイ(丹桂)、モクセイカ(木犀花)
原産地
中国
季節
秋の季節
開花時期:10月。花色:オレンジ色。

その他の植物

シオン(紫苑)の詳細

シオン(紫苑)

追憶、あなたを忘れない

ハマナス(浜梨)の詳細

ハマナス(浜梨)

見映えの良さ、香り豊か、美しい悲しみ

シャクヤク(芍薬)の詳細

シャクヤク(芍薬)

恥じらい、はにかみ、謙遜

セントポーリアの詳細

セントポーリア

小さな愛

コデマリ(小手毬)の詳細

コデマリ(小手毬)

努力する、友情、品位、優雅

アマ(亜麻)の詳細

アマ(亜麻)

あなたの親切に感謝します、感謝、あなたの親切が身にしみる、単純

アサギリソウ(朝霧草)の詳細

アサギリソウ(朝霧草)

喝采、慕う心、脚光、光

ヤブデマリ(藪手毬)の詳細

ヤブデマリ(藪手毬)

私を見捨てないで、隠された美、覚悟、今日の幸福、年輪を美しく重ねる