1. HOME
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. モミジアオイ(紅葉葵)

モミジアオイ(紅葉葵)|花言葉と誕生花

《学名:Hibiscus coccineus》
原産地、北アメリカのアオイ科フヨウ属モミジアオイ(紅葉葵)は、学名Hibiscus coccineusです。英語ではScarlet rose mallowと表記し別名を紅蜀葵(こうしょっき)と呼ばれています。開花時期は7月~9月。花色は赤色夏の季節に開花します。

モミジアオイ(紅葉葵)
モミジアオイ(紅葉葵)の写真

モミジアオイ(紅葉葵)の花言葉

温和
穏やかさ
優しさ
努力の賜物

モミジアオイ(紅葉葵)の誕生花


栽培

湿った土を日差しの中で部分的に日陰で育てます。日差しや日陰に最適です。

植物は多くの日陰ですと花の減少となることがあります。 夏の暑さと湿気に耐えられますが、土壌は生育期を通して湿った状態を保たれるべきです。

確実に冬は氷点下に耐えられないので、寒冷地域では冬、暖かく保護された場所で栽培する必要があります。

注目すべき特徴

モミジアオイは、活気があり、丈夫で直立した木質の多年生植物です。通常は、6~15センチの上品な葉を付け、華やかな葵のような、直径7~13センチ5つの淡い緋色の赤い花を咲かせます。夏の終わりから秋の初めにかけて花が咲き誇ります。

それぞれの花には、中央に目立つような派手な柱があります。

湿地帯や湿地帯に固有のため、沼イビスカスと呼ばれることもあります。

マローは古いギリシャ語およびラテン語の名前です。

疫病、潰瘍、さび、斑点病、アブラムシ、鱗屑、コナジラミに対する病害虫の発生はほとんどありません。背の高い植物は杭打ちが必要な場合があります。

庭の用途

池や小川の縁に沿ったような湿った場所に効果的です。


詳細

学名
Hibiscus coccineus
英語
Scarlet rose mallow
科属名
アオイ科フヨウ属
和名
紅葉葵
別名
紅蜀葵(こうしょっき)
原産地
北アメリカ
季節
夏の季節
開花時期:7月~9月。花色:赤色

その他の植物

シャコバサボテン(蝦蛄葉サボテン)の詳細

シャコバサボテン(蝦蛄葉サボテン)

美しい眺め、もつれやすい恋

ホウセンカ(鳳仙花)の詳細

ホウセンカ(鳳仙花)

私に触れないで、短気、せっかち、快活

ハマユウ(浜木綿)の詳細

ハマユウ(浜木綿)

どこか遠くへ、あなたを信じます、汚れがない

カシワ(柏、槲)の詳細

カシワ(柏、槲)

愛は永遠に、愛想のよさ

ラナンキュラスの詳細

ラナンキュラス

名誉、お祝い、輝く魅力、美しい人格、晴れやかな魅力

ヒソップの詳細

ヒソップ

浄化、清潔、清める、綺麗好き

ウスベニタチアオイ(薄紅立葵)の詳細

ウスベニタチアオイ(薄紅立葵)

恩恵、慈善、優しさ、説得