1. HOME
  2. 花言葉
  3. 冬の季節
  4. ヤツデ(八つ手・八手)

ヤツデ(八つ手・八手)|花言葉と誕生花

《学名:Fatsia japonica》
原産地、日本のウコギ科ヤツデ属ヤツデ(八つ手・八手)は、学名Fatsia japonicaです。英語ではJapanese Araliaと表記し別名をテングノハウチワ(天狗の羽団扇) と呼ばれています。常緑低木。開花時期は11月~12月。花色は白色。冬の季節に開花します。

ヤツデ(八つ手・八手)

ヤツデ(八つ手・八手)の花言葉

分別
親しみ
健康

ヤツデ(八つ手・八手)の誕生花



詳細

学名
Fatsia japonica
英語
Japanese Aralia
科属名
ウコギ科ヤツデ属
和名
八つ手、八手
別名
テングノハウチワ(天狗の羽団扇)
原産地
日本
季節
冬の季節
常緑低木。開花時期:11月~12月。花色:白色。

その他の植物

アザミ(薊)の詳細

アザミ(薊)

独立、厳格、復讐、満足、触れないで、安心

コケバラの詳細

コケバラ

崇拝、可憐、尊敬、愛の告白

ゲッカビジン(月下美人)の詳細

ゲッカビジン(月下美人)

儚い美、儚い恋、繊細、快楽

ホオズキ(鬼灯・酸漿)の詳細

ホオズキ(鬼灯・酸漿)

心の平安、不思議、自然美、頼りない、半信半疑、いつわり

ヒイラギ(柊・疼木・柊木)の詳細

ヒイラギ(柊・疼木・柊木)

先見、用心、歓迎、機智(鋭い才知)

ノイバラ(野茨)の詳細

ノイバラ(野茨)

詩、才能、無意識の美