1. HOME
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ヒマワリ(向日葵)

ヒマワリ(向日葵)|花言葉と誕生花

《学名:Helianthus annuus》
原産地、北アメリカのキク科ヘリアンサス属ヒマワリ(向日葵)は、学名Helianthus annuusです。英語ではSunflowerと表記し別名、日車(ヒグルマ)、天竺葵(テンジクアオイ)、日輪草(にちりんそう)と呼ばれています。開花時期は7月~8月。花色は黄色。夏の季節に開花します。

ヒマワリ(向日葵)
ヒマワリ(向日葵)の写真

ヒマワリ(向日葵)の花言葉

あなただけを見つめる
愛慕
崇拝

ヒマワリ(向日葵)の誕生花


元気いっぱいの夏の花と言えば、ひまわり!
特徴としては、種実を食用や油糧とするため、あるいは花を花卉として観賞するために広く栽培されています。 花弁は大きな1つの花のように見えますが、実際は頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まって1つの花の形を形成しているのが特徴です。 これは、キク科の植物に見られる特徴で、外輪に黄色い花びらをつけた花を舌状花、内側の花びらがない花を筒状花と区別して呼ぶ場合があるようです。
ヒマワリの神話は海の神様クリュティエが太陽の神アポロンに恋をしました。 しかし、アポロンには、意中の他の人がいたのです。 そのため、クリュティエはアポロンに捨てられてしまいます。 クリュティエは悲しみに暮れて苦しい片想いに嘆き涙を流し哀しみ、昼も夜も空を見上げ、9日間にもわたりアポロンが空を黄金の馬車でかける様をじっと見つめていました。 クリュティエの恋は実らず、ヒマワリの花に姿を変えてしまいました。 このことで、ヒマワリの花言葉が「あなただけを見つめています」と、されています。

ヒマワリの語源や由来は 太陽の移動に合わせて花の向きが回ることからヒマワリと名前が付けられましたが、実は太陽に合わせてそれほど動いていません。 太陽の動きに合わせて回るのは成長が盛んな花が咲く前の若い時期で、花が咲く頃には動かなくなるようです。
最近では結婚式のブーケに使用する人が増えてきたようです。
ヒマワリの黄色の大きな花が人を元気にさせてくれる為、ヒマワリの花束を贈るのも素敵ですね。
オランダの後期印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホのヒマワリは有名です。彼にとってヒマワリは明るい南フランスの太陽、ユートピアの象徴のようでしたといわれています。

詳細

学名
Helianthus annuus
英語
Sunflower
科属名
キク科ヘリアンサス属
和名
ヒマワリ(向日葵)
別名
日車(ヒグルマ)、天竺葵(テンジクアオイ)、日輪草(にちりんそう)
原産地
北アメリカ
季節
夏の季節
開花時期:7月~8月。花色:黄色。

その他の植物

アリウム・ギガンチュームの詳細

アリウム・ギガンチューム

無限の悲しみ、深い悲しみ、くじけない心、不屈の心、正しい主張、優しい、円満な人柄

オシロイバナ(白粉花)の詳細

オシロイバナ(白粉花)

あなたを思う、臆病な愛

〔赤色〕カーネーションの詳細

〔赤色〕カーネーション

母への愛、深い愛、敬愛

サフランの詳細

サフラン

歓喜、陽気

ホワイトスターの詳細

ホワイトスター

信じあう心、幸福な愛

アミガサユリ(編笠百合)の詳細

アミガサユリ(編笠百合)

謙虚な心、努力、才能、威厳、人を喜ばせる