1. HOME
  2. 花言葉
  3. 冬の季節
  4. カンツバキ(寒椿)

カンツバキ(寒椿)|花言葉と誕生花

《学名:Camellia sasanqua Kantsubaki》
原産地、日本のツバキ科ツバキ属カンツバキ(寒椿)は、学名Camellia sasanqua Kantsubakiです。英語ではCamellia × hiemalisと表記します。開花時期は11月~2月。花色はピンク色、赤色、白色。常緑中低木。冬の季節に開花します。

カンツバキ(寒椿)
カンツバキ(寒椿)の写真

カンツバキ(寒椿)の花言葉

謙譲
愛嬌

カンツバキ(寒椿)の誕生花



詳細

学名
Camellia sasanqua Kantsubaki
英語
Camellia × hiemalis
科属名
ツバキ科ツバキ属
和名
寒椿
別名
-
原産地
日本
季節
冬の季節
開花時期:11月~2月。花色:ピンク色、赤色、白色。常緑中低木。

その他の植物

コケ(苔)/コケ類の詳細

コケ(苔)/コケ類

母性愛、信頼、孤独、物思い

ネモフィラの詳細

ネモフィラ

どこでも成功、愛国心、華麗なる成功、可憐、私はあなたを許す、清々しい心、荘厳

マスデバリアの詳細

マスデバリア

思いやり

ヌルデ(白膠木)の詳細

ヌルデ(白膠木)

信仰(神や仏などを信じること)

タネツケバナ(種漬花)の詳細

タネツケバナ(種漬花)

勝利、情熱、不屈の心

スカシユリ(透百合・透かし百合)の詳細

スカシユリ(透百合・透かし百合)

注目を浴びる、親思い、子としての愛、飾らぬ美