1. HOME
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. ナズナ(薺)

ナズナ(薺)|花言葉と誕生花

《学名:Capsella bursa-pastoris》
原産地、中国、日本(全国に分布)のアブラナ科ナズナ属ナズナ(薺)は、学名Capsella bursa-pastorisです。英語ではShepherd’s purseと表記し別名をペンペングサ(ぺんぺん草)、シャミセングサ(三味線草)、西洋では羊飼いの財布と呼ばれています。開花時期は2月~6月。花色は白色。春の七草。春の季節に開花します。

ナズナ(薺)
ナズナ(薺)の写真

ナズナ(薺)の花言葉

すべてを捧げます
あなたにすべてお任せします
あなたに私のすべてを捧げます

ナズナ(薺)の誕生花


ナズナの花 花は4~6mmの十字形をしています。

ナズナの実 実は4~9mmの平らな三角形です。わずかに凸面があります。実は半分に割けて10~15の種を放出する。

学名のCapsella bursa-pastorisはラテン語からその名前が由来となっています。
「ブルサ(bursa)」は「袋」を意味し、「パストル(pastor)」は「羊飼い」を意味しています。 そして中世の羊飼いが使用していた肩掛け鞄もナズナの実と同じ平​​らな三角形の外観をしていたから。 実は小さな緑のハートのように見えます。

食用:ナズナの葉は生で食べることも調理することもできます。花が咲く前の若い葉はサラダ追加してもおいしい。

葉は、クレススプラウトやキャベツの代用品としても利用できます。葉は一般的に一年中利用可能であり、後で使用するために乾燥することができます。

花芽も食べることができます。ナズナの種はサラダに使用することができますが、とても小さくて集めるには忍耐力が必要です。

根も食べられます。乾燥して挽いたものは、しょうがの代用品として使用できます。


詳細

学名
Capsella bursa-pastoris
英語
Shepherd’s purse
科属名
アブラナ科ナズナ属
和名
別名
ペンペングサ(ぺんぺん草)、シャミセングサ(三味線草)、西洋では羊飼いの財布
原産地
中国、日本(全国に分布)
季節
春の季節
開花時期:2月~6月。花色:白色。春の七草。

その他の植物

ローダンセの詳細

ローダンセ

温順、光輝、飛翔、情にあつい、永遠の愛

スカビオサの詳細

スカビオサ

風情、感じやすい、魅力、恵まれぬ恋、朝の花嫁

ルコウソウ(縷紅草)の詳細

ルコウソウ(縷紅草)

多忙、おせっかい、でしゃばり

〔白色〕チューリップの詳細

〔白色〕チューリップ

失われた愛、失恋、新しい恋

ラケナリアの詳細

ラケナリア

移り気、継続する、好奇心

ハルシャギク(波斯菊)の詳細

ハルシャギク(波斯菊)

一目惚れ、陽気、上機嫌

カキツバタ(燕子花・杜若)の詳細

カキツバタ(燕子花・杜若)

幸運が必ず来る、幸せはあなたのもの、気品、贈り物、音信

オオツルボ(大蔓穂)の詳細

オオツルボ(大蔓穂)

辛抱強さ、多感な心、哀れ、寂しさ、変わらない愛