ハギ(萩)-スマホ壁紙

ハギ(萩)-無料壁紙

花言葉は「思案」「内気」「想い」「柔軟な精神」「柔らかな心」「前向きな恋」


ハギ(萩 Lespedeza)とは、マメ科ハギ属の総称。落葉低木。秋の七草のひとつで、花期は7月から10月。 「萩」は本来はヨモギ類(あるいは特定の種を挙げる資料もある)の意味で、「はぎ」は国訓である。牧野富太郎によるとこれは「艸+秋」という会意による国字であり、ヨモギ類の意味の「萩」とは同形ではあるが別字という。 「芽子」「生芽」とも字を当てる。 分布 東アジア、南アジア、北米東部、オーストラリアの、温帯・亜熱帯。 数種あるが、いずれも比較的よく似た外見である。 背の低い落葉低木ではあるが、木本とは言い難い面もある。茎は木質化して固くなるが、年々太くなって伸びるようなことはなく、根本から新しい芽が毎年出る。直立せず、先端はややしだれる。 葉は3出複葉、秋に枝の先端から多数の花枝を出し、赤紫の花の房をつける。果実は種子を1つだけ含み、楕円形で扁平。 荒れ地に生えるパイオニア植物で、放牧地や山火事跡などに一面に生えることがある。 分類 範囲 ハギ属は当初、Maximowicz (1873) により、現在のハギ属・ハナハギ属 Campylotropis ・ヤハズソウ属 Kummerowia にわたる範囲に定義された。




このページのQRコード

メールを送る

ハギ(萩)-スマホ壁紙ダウンロード


その他の壁紙