大韓民国の国旗-スマホ壁紙

大韓民国の国旗-無料壁紙


大韓民国の国旗(だいかんみんこくのこっき)は通称太極旗(たいきょくき)と呼ばれる旗である。白地の中央に置かれた赤と青の2色からなる「陰陽」で「太極」を表し、その周囲四隅に「卦」が配置されたデザインとなっている。太極旗のデザインは大韓民国の法令によって定められており(後述)、太極の青色部を上にして旗を掲揚するのは逆さであり誤りである。 太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年旧暦1月27日に朝鮮国の国旗として初めて公布され、朝鮮独立運動を通じて朝鮮民族を象徴する旗として認知された。その後、1948年8月15日に大韓民国が独立を果たすと、1949年10月15日に大韓民国の国旗として法令でデザインが確定した。ここでは、太極旗の変遷と現状について主に記述する。 太極旗の歴史 太極旗制定の背景 太極旗を初めて国旗として使用したのは朝鮮国(李氏朝鮮)であるが、李氏朝鮮が太極旗を自国の国旗とした経緯については明確に分かっていない。




このページのQRコード

メールを送る

大韓民国の国旗-スマホ壁紙ダウンロード


その他の壁紙