日本の国旗-スマホ壁紙

日本の国旗-無料壁紙


日本の国旗(にっぽんのこっき、にほんのこっき)は、法律上は日章旗(にっしょうき)と呼ばれ、日本では古くから、また今日でも一般的に日の丸(ひのまる)と呼ばれる旗である。 1999年(平成11年)に公布・施行された「国旗及び国歌に関する法律」(国旗国歌法)の規定によれば、旗の形は縦が横の3分の2の長方形。日章の直径は縦の5分の3で中心は旗の中心。色地は白色、日章は紅色とされている。ただし上下・左右対称で方向性はない。 日章と旭光を意匠化した旗については旭日旗を参照。 国旗として扱われる以前の歴史 古代から中世 日本人の古代信仰として古神道に分類される原始宗教では自然崇拝・精霊崇拝を内包しており、特に農耕や漁労において太陽を信仰の対象としてきた。皇祖神・天照大神は太陽神である。弥生時代から古墳時代(大和時代)にかけて祭器として使われた内行花文鏡の模様は太陽の輝きをかたどったものと言われ、三種の神器の一つ八咫鏡をこの鏡とする説もある。




このページのQRコード

メールを送る

日本の国旗-スマホ壁紙ダウンロード


その他の壁紙