7月11日の過去の出来事カレンダー・何の日?



スポンサーリンク

969年
オリガ(キエフ大公イーゴリ1世の妃)死去
1274年
ロバート1世(スコットランド王)誕生(~1329年)
1302年
金拍車の戦い(コルトレイクの戦い)
1382年
ニコル・オレーム(哲学者、天文学者)死去(1325年~1382年)
1535年
ヨアヒム1世(ブランデンブルク選帝侯)死去(1484年~1535年)
1593年
ジュゼッペ・アルチンボルド(画家)死去(1527年~1593年)
1688年
ナーラーイ(タイ王)死去(1629年~1688年)
1766年
エリザベッタ・ファルネーゼ(スペイン王フェリペ5世の妃)死去(1692年~1766年)
1767年
ジョン・クィンシー・アダムズ(第6代アメリカ合衆国大統領)誕生(~1848年)
1789年
フランス革命: マリー・アントワネットらが、民衆に人気のあった財務大臣ジャック・ネッケルを罷免。バスティーユ襲撃の引き金となる。
1792年
フランス革命戦争: 立法議会が「祖国は危機にあり!」との宣言を発する。
1798年
擬似戦争勃発を受け、アメリカ独立戦争時にあった大陸海兵隊がアメリカ海兵隊として再創設。
1801年
フランスの天文学者ジャン=ルイ・ポンが初めて彗星を発見。以降、生涯に彗星発見者の中で最多の37個の彗星を発見する。
1804年
アメリカ合衆国副大統領アーロン・バーと同財務長官アレクサンダー・ハミルトンが決闘を行う。ハミルトンは翌日死亡。
1826年
アレクサンドル・アファナーシェフ(民族学者)誕生(~1871年)
1831年
ヴァーシリー・ゴローニン(ロシア海軍の軍人、探検家)死去(1776年~1831年)
1833年
オーストラリアでアボリジニ・ヌンガー族(英語版)の戦士イェーガンが、彼の首にかけられた賞金狙いの白人少年により射殺される。
1833年
イェーガン(ヌンガー族の戦士)死去(1795年~1833年)
1836年
カルロス・ゴメス(作曲家)誕生(~1896年)
1855年
カール・ヌードストローム(画家)誕生(~1923年)
1859年
チャールズ・ディケンズ作の小説『二都物語』が発売される。
1864年
南北戦争: スティーブンス砦の戦い
1866年
リヒャルト・ベーア=ホフマン(小説家、詩人、劇作家)誕生(~1945年)
1868年
ジェームズ・ブルック(探検家)死去(1803年~1868年)
1882年
イギリス地中海艦隊がアレクサンドリア砲撃を開始。
1893年
御木本幸吉が真珠の養殖に成功。
1897年
サロモン・アウグスト・アンドレーが気球による北極飛行に出発し、消息を絶つ。
1902年
アーサー・バルフォアがイギリスの第50代首相に就任。
1906年
2代目三遊亭圓橘(落語家)死去(1811年~1906年)
1909年
サイモン・ニューカム(天文学者、数学者)死去(1835年~1909年)
1919年
鈴木三樹三郎(新選組9番隊隊長、御陵衛士)死去(1837年~1919年)
1920年
ユル・ブリンナー(ロシア出身の俳優)誕生(~1985年)
1920年
ウジェニー・ド・モンティジョ(フランス皇帝ナポレオン3世の皇后)死去(1826年~1920年)
1921年
東京帝国大学に航空研究所(現 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所)設立。
1921年
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の支援を受けたモンゴル人民党が、活仏ボグド・ハーンを君主とするモンゴル人民政府を樹立し、中華民国から実質的に独立。
1930年
ザ・デストロイヤー(元プロレスラー)誕生
1930年
エズラ・ヴォーゲル(社会学者)誕生
1930年
ハロルド・ブルーム(文学研究者、批評家)誕生
1930年
小川正孝(化学者)死去(1865年~1930年)
1931年
大塚康生(アニメーター)誕生
1933年
神兵隊事件。大日本生産党・愛国勤労党員らのクーデター計画が事前に発覚し、約50人が検挙される。
1934年
ジョルジオ・アルマーニ(ファッションデザイナー)誕生
1934年
斎藤文夫(政治家)誕生
1935年
静岡地震。静岡市・清水市などで死傷者9299人。
1936年
福島郁夫(プロ野球選手)誕生
1936年
阿久津義雄(プロ野球選手)誕生
1937年
ジャック白井(義勇兵)死去(1900年~1937年)
1937年
ジョージ・ガーシュウィン(作曲家)死去(1898年~1937年)
1941年
アーサー・エヴァンズ(考古学者)死去(1851年~1941年)
1943年
菱田嘉明(政治家)誕生
1944年
パトリシア・ポラッコ(絵本作家)誕生
1945年
三輪田勝利(プロ野球選手)誕生(~1998年)
1946年
伊藤君子(歌手)誕生
1946年
木の実ナナ(女優)誕生
1946年
サラ・ブラファー・ハーディ(人類学者、霊長類学者)誕生
1946年
ポール・ナッシュ(画家)死去(1889年~1946年)
1949年
沢田雅美(女優)誕生
1949年
大森礼子(政治家)誕生
1949年
手嶋龍一(ジャーナリスト、作家)誕生
1950年
パキスタンが国際通貨基金(IMF)と世界銀行に加盟。
1950年
日本労働組合総評議会(総評)結成。
1950年
小倉黒人米兵集団脱走事件が起きる。黒人米兵約250名と、小倉警察、米軍MPとの間で市街戦に。
1951年
所憲佐(プロ野球選手)誕生
1951年
斉藤洋介(俳優)誕生
1951年
山本正之(作詞家、作曲家、歌手)誕生
1952年
川村博昭(プロ野球選手)誕生
1953年
行澤久隆(プロ野球選手)誕生
1953年
オリバー・キャンベル(テニス選手)死去(1871年~1953年)
1954年
埼玉県春日部市が市制施行。
1956年
中野誠吾(プロ野球選手)誕生
1956年
谷田部勝義(アニメーション監督、脚本家、演出家、音響監督)誕生
1957年
アーガー・ハーン3世(イスラム教ニザール派の48代イマーム)死去(1877年~1957年)
1957年
鄭義信(劇作家、脚本家)誕生
1957年
イスラム教ニザール派の48代イマームアーガー・ハーン3世が死去。子のカリムが49代イマームに就任しアーガー・ハーン4世となる。
1957年
升田幸三王将・九段が大山康晴名人を破り棋界初の三冠に。
1958年
カーク・ウェイラム(音楽家)誕生
1959年
ジェフ・ケンプ(元アメリカンフットボール選手)誕生
1959年
リッチー・サンボラ(ギタリスト)誕生
1960年
渋谷茂(声優)誕生
1960年
ベルギーの支持を得たモイーズ・チョンベが南部カタンガ州のコンゴ共和国(コンゴ・レオポルドヴィル)からの独立を宣言[1]。
1961年
フィラデルフィア発デンバー行きのユナイテッド航空859便DC-8型機がデンバーのステープルトン国際空港への着陸に失敗、18名の死亡者と44名の重軽傷者を出す。
1962年
テルスター衛星により、アメリカとイギリス・フランス間で初の大陸間衛星中継が行われる。
1962年
マヌエラ・マガー(フィギュアスケート選手)誕生
1962年
藤井フミヤ(歌手)誕生
1962年
日本初の国産旅客機YS-11が完成。
1962年
創価学会が参議院院内交渉団体「公明会」(後の公明党)を結成。
1963年
中島徹(漫画家)誕生(~2011年)
1963年
老人福祉法公布。
1964年
細田健一(政治家)誕生
1964年
今野隆裕(プロ野球選手)誕生
1964年
染宮修支(プロ野球選手)誕生
1964年
伊藤忠彦(政治家)誕生
1965年
南あずさ(アナウンサー)誕生
1965年
小牧ユカ(キャスター、タレント、ファッションモデル)誕生
1965年
アーネスト・ホースト(キックボクサー)誕生
1966年
柳田浩一(プロ野球選手)誕生
1966年
第1回全日本サーフィン大会が千葉県鴨川市鴨川海岸で開催される。
1966年
三浦建太郎(漫画家)誕生
1966年
広島市議会 が原爆ドームの永久保存を決議。
1967年
秋野公造(政治家)誕生
1968年
近藤サト(アナウンサー)誕生
1968年
『少年ジャンプ』創刊。
1968年
住友優子(声優)誕生
1968年
高見昌宏(プロ野球選手)誕生
1969年
中根一幸(政治家)誕生
1969年
矢上裕(漫画家)誕生
1970年
長沢美樹(声優)誕生
1971年
ペドロ・ロドリゲス(F1レーサー)死去(1940年~1971年)
1971年
チリ議会が国内の銅山の国有化を決定。
1971年
ジョン・W・キャンベル(小説家)死去(1910年~1971年)
1971年
古川栄司(忍者)誕生
1973年
吉屋信子(小説家)死去(1896年~1973年)
1973年
水田章雄(プロ野球選手)誕生
1973年
ヴァリグ・ブラジル航空820便墜落事故。リオデジャネイロ発パリ行きのヴァリグ・ブラジル航空820便ボーイング707型機でパリのオルリー空港への着陸進入中火災が発生、不時着を試みたが滑走路端5キロの地点に墜落し乗員乗客135名中124名が死亡。
1973年
3代目三遊亭小圓朝(落語家)死去(1892年~1973年)
1974年
小野公誠(プロ野球選手)誕生
1974年
ペール・ラーゲルクヴィスト(小説家)死去(1891年~1974年)
1975年
私立学校振興助成法公布。
1975年
葉月里緒奈(女優)誕生
1976年
エドアルド・ナヘラ(バスケットボール選手)誕生
1976年
相川亮二(プロ野球選手)誕生
1976年
山本喧一(プロ格闘家、プロレスラー)誕生
1979年
日本坂トンネル火災事故。東名高速道路・日本坂トンネル内で玉突き事故で173台が炎上し死者7人。
1979年
徐敏貞(韓国 の 女優)誕生
1979年
かまだみき(歌手、うたのおねえさん)誕生
1979年
アメリカ合衆国初の宇宙ステーション「スカイラブ」が大気圏再突入して消滅。
1980年
鈴江奈々(日本テレビアナウンサー)誕生
1980年
侯鳳連(野球選手)誕生
1981年
槙ようこ(漫画家)誕生
1981年
蒼山サグ(ライトノベル作家)誕生
1981年
ブレイン・ボイヤー(メジャーリーガー)誕生
1982年
稲村優奈(声優、女優)誕生
1982年
カンボジアで反ベトナム3派による民主カンボジア連合政府が発足。
1983年
井ノ上奈々(声優、クローバーのメンバー)誕生
1983年
ロス・マクドナルド(推理作家)死去(1915年~1983年)
1983年
徳田将至(野球選手)誕生
1984年
日向瞳(元女優)誕生
1984年
橋本直子(バレーボール選手)誕生
1984年
タニス・ベルビン(フィギュアスケート選手)誕生
1984年
松山事件の再審無罪判決。
1985年
高杉さと美(歌手)誕生
1985年
前田亜季(女優、アイドル)誕生
1986年
ラウール・ガルシア(サッカー選手)誕生
1986年
東野峻(元プロ野球選手)誕生
1986年
ヨアン・グルキュフ(サッカー選手)誕生
1987年
加藤シゲアキ(タレント、NEWSのメンバー)誕生
1987年
秋元陽太(サッカー選手)誕生
1987年
茅原悠紀(ボートレーサー)誕生
1987年
山口俊(プロ野球選手)誕生
1987年
国連によれば、この日、世界の人口が50億人を超える。
1988年
井口裕香(声優)誕生
1988年
王磊(フィギュアスケート選手)誕生
1988年
尾中博俊(野球選手)誕生
1988年
戸島花(元AKB48)誕生
1989年
ローレンス・オリヴィエ(俳優)死去(1907年~1989年)
1989年
村上愛里(グラビアアイドル)誕生
1989年
田中直乃(タレント)誕生
1989年
志摩ノ海航洋(大相撲力士)誕生
1990年
落合モトキ(俳優)誕生
1991年
悪魔の詩訳者殺人事件。
1991年
伊吹マヤ(アニメ・漫画『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するキャラクター[3])死去
1991年
ナイジェリア航空2120便墜落事故。カナダのノリス・エアチャーター便DC-8型機がサウジアラビアのジッダ・キング・アブドゥルアズィーズ国際空港を離陸直後に墜落、乗員乗客261名全員が死亡。なお、この機体は元日本航空のJA8057。
1991年
坂口健太郎(モデル、俳優)誕生
1991年
竹渕慶(シンガーソングライター)誕生
1991年
五十嵐一(中東・イスラーム学者、小説『悪魔の詩』邦訳者)死去(1947年~1991年)
1992年
船越英里子(女優)誕生
1992年
鄧穎超(中国首相周恩来の妻)死去(1904年~1992年)
1993年
石崎なつみ(女優)誕生
1994年
ゲイリー・キルドール(デジタルリサーチ社の創業者)死去(1942年~1994年)
1994年
七瀬彩夏(声優)誕生
1995年
宮下みらい(ファッションモデル)誕生
1995年
7.11水害。新潟県上越地方・長野県北信地方で集中豪雨が発生。国道148号、大糸線が長期間不通に。
1996年
久慈あさみ(女優、歌手)死去(1922年~1996年)
1996年
石川直也(プロ野球選手)誕生
1997年
石塚朱莉(歌手、女優、NMB48 Team BⅡ)誕生
1997年
牛牛(ピアニスト)誕生
1998年
出野泉花(子役、声優)誕生
1998年
石井杏奈(パフォーマー、女優 )誕生
2002年
気象庁が、民間気象事業者に対して、携帯電話サイトを作らないこと及びインターネットによるデータのダウンロードサービスを行わないことを約束する。[2]
2003年
小松方正(俳優)死去(1926年~2003年)
2004年
近貞月乃(子役)誕生
2004年
原田泰夫(将棋棋士)死去(1923年~2004年)
2005年
橋本真也(プロレスラー)死去(1965年~2005年)
2008年
アップルのiPhone(アイフォーン)がソフトバンクモバイルより発売される。
2010年
FIFA W杯南アフリカ大会の決勝戦オランダ対スペインが行われ、スペインが初優勝を果たす。
2013年
妖怪ウォッチのシリーズ第1作目が発売される。
2015年
岩田聡(任天堂4代目代表取締役社長)死去(1959年~2015年)
2017年
岩崎英二郎(ドイツ語学者)死去(1922年~2017年)
2017年
砂川啓介(俳優)死去(1937年~2017年)