インターネット辞典

鈴木ヒロミツとは

鈴木ヒロミツ

鈴木 ヒロミツ(すずき ひろみつ、1946年(昭和21年)6月21日 - 2007年(平成19年)3月14日)は、歌手、俳優、タレント。
所属事務所はホリプロであった。
本名は鈴木弘満(読みは同じ)。
GSムーブメントから登場したロックバンド、ザ・モップスのボーカリストも務めた。
来歴・生涯 満州生まれ。
私立芝高等学校卒業。
武蔵大学経済学部中退。
東京都文京区旧・小日向台町出身。
1967年にデビュー(結成は前年)したザ・モップス(実弟のスズキ幹治がドラムス担当)のボーカリストとして芸能界入り。
モップス時代は「鈴木ひろみつ」「鈴木博三」とも表記。
ザ・モップスが1974年に解散して以降、俳優・タレントとして活躍。
1971年に放映されたモービル石油のCM「のんびり行こうよ」編ではガス欠のクラシックカーを押す青年の役を演じ、昭和の名CMの一つとなった。
1974年からTBSで放送された大映テレビ製作のドラマ『事件狩り』への出演に引き続き、刑事ドラマ『夜明けの刑事』『新・夜明けの刑事』『明日の刑事』にうだつの上がらない刑事役で出演、エンディング・テーマも担当した。


スポンサーリンク