インターネット辞典

竹山道雄とは

竹山道雄

竹山 道雄(たけやま みちお、1903年7月17日 - 1984年6月15日)は、日本の評論家、ドイツ文学者、小説家。
日本芸術院会員。
第一高等学校教授、東京大学教養学部教授などを歴任した。
銀行員の息子として大阪に生まれる。
父の転勤に伴い、1907年から1913年まで京城(現在のソウル)で過ごす。
東京府立第四中学校から第一高等学校を経て、1926年に東京帝国大学文学部独文科卒業。
ドイツ語講師として第一高等学校に勤務。
1928年から文部省に派遣されてベルリンとパリに留学。
1931年に帰国し、第一高等学校の教授となる。
戦後、第一高等学校が学制改革によって新制東京大学教養学部に改組されて間もない1951年に教授を退官、上智大学など諸大学での講師を歴任しつつ、ヨーロッパ各地やソ連を度々訪問した。
〈生成会〉同人として、機関誌心(月刊誌、1948-81年)に大きく参与した。
月刊誌では『新潮』、『自由』にも多く寄稿した。
没後の1984年に叙正四位、叙勲三等授瑞宝章。
業績 翻訳 訳書にニーチェ『ツァラトゥストラ』やヨハンナ・シュピリ『アルプスの少女ハイジ』など。


スポンサーリンク