インターネット辞典

矢野英司とは

矢野英司

矢野 英司(やの えいじ、1976年6月15日 - )は、神奈川県横浜市港南区出身の元プロ野球選手(投手)。
来歴・人物 横浜高校時代は3度甲子園に出場。
同期の選手に多村仁志、紀田彰一、斉藤宜之などがいる。
法政大学では入学早々リリーフエースとして活躍。
チームの全日本大学野球選手権大会7回目の優勝に貢献した。
東京六大学リーグ通算22勝、防御率1位1回、ベストナイン1回を記録。
また、4年春の東京六大学リーグ戦では、このリーグ所属の選手としては初めて神宮球場のスピードガンで150km/hを計測した(スコアボードに表示されたもの)。
1998年度のドラフト会議にてドラフト2巡目指名(逆指名)で横浜ベイスターズに入団。
1年目の開幕前は上原浩治らと共に新人王の有力候補に名前が挙げられていた。
開幕後は先発・中継ぎで30試合に登板したが、防御率6.16と振るわず、また怪我により離脱もあり、即戦力としての期待を裏切ることとなった。
2年目は谷間の先発で好投していたが、右肘靭帯の断裂で5月に登録抹消、9月に手術を受ける。


スポンサーリンク

注目の人名