インターネット辞典

浅井純哉とは

浅井純哉

浅井 純哉(あさい すみや、1957年7月13日 - )は、金沢高等学校保健体育科教諭。
前同校野球部監督。
同校野球部OB会常任理事。
石川県輪島市出身。
金沢高等学校野球部OB内野手(甲子園出場経験はなし)。
国士舘大学準硬式野球部では投手。
輪島市の高校で臨時職員として勤務した後、1981年(昭和56年)に母校へ戻り、野球部コーチ。
責任教師を経て、1993年(平成5年)秋より野球部監督就任。
2011年(平成23年)6月、育成功労賞を受賞。
同年10月の山口国体を最後に勇退を発表した。
後任は野球部長の岩井大。
2012年(平成24年)8月より鵬学園高等学校野球部監督就任。
白山市(旧:美川町)の自宅を下宿として、輪島市など県内の遠隔地および希望する野球部員の面倒をみる。
野球部OBである大松尚逸(現千葉ロッテマリーンズ)も金沢市内に自宅がありながら、下宿生として生活していた。
甲子園での成績 春:出場4回 1994年(平成6年) - 2年連続6回目の出場(星稜高と共に石川県勢初の複数校選出)1回戦×江の川(島根県)戦で中野真博が完全試合達成 2001年(平成13年) - 7年ぶり7回目の出場 2004年(平成16年) - 3年ぶり8回目の出場 2011年(平成23年) - 7年ぶり9回目の出場夏:出場7回 1996年(平成8年) - 3年ぶり7回目の出場北海に勝ち、3回戦で前橋工に敗退 1997年(平成9年) - 2年連続8回目の出場1回戦で仙台育英に敗退 2001年(平成13年) - 4年ぶり9回目の出場滑川に勝ち、3回戦で平安に敗退 2003年(平成15年) - 2年ぶり10回目の出場1回戦で木更津総合に敗退 2006年(平成18年) - 3年ぶり11回目の出場浦和学院に勝ち、2回戦で智弁和歌山に敗退 2008年(平成20年) - 2年ぶり12回目の出場1回戦は、諸問題により出場を危ぶまれた桐生第一(6-1で勝利) 2回戦では、同大会の優勝校である大阪桐蔭と延長10回の末5-6で惜敗 2011年(平成23年) - 3年ぶり13回目の出場1回戦では伊勢工業に勝ち、続く2回戦では聖光学院にも勝ち、同校史上初の夏の大会2勝達成。


スポンサーリンク

注目の人名

三井修 タニヤ・ドネリー ウディ・ガスリー 八谷泰造 岩本裕 ドナルド・ヘッブ ティム・ハドソン 丸山詠二 田中幹保 SU ウォーレ・ショインカ レイモン・コパ 平岳大 大河 塚本幸一 マギー司郎 ジェリー・ルイス UZ DJ OZMA 山本文郎 TAKAHIRO 根津嘉一郎 (2代目) ルイス・ヒメネス ゼップ・マイヤー ジョー・サンプル アンドレア・ダンドロ ベガ 大谷亮介 KOTOKO アルベルト 木村太郎 北畠八穂 中村鴈治郎 (2代目) 高橋斗亜 柳川荒士 浅野祥 デレク・トレント 西靖 千坂恭二 山本嘉次郎 市河三喜 伊藤洋三郎 湊川誠隆 馬渕隆雄 坪倉唯子 REN グレゴリー・マルグリス 島津貴子 紗耶 都竹悦子 ダビド・ドゥイエ CICO 石井康雄 ヤン・ハブレ ダミア 山田花子 松本泰 甲本ヒロト 野田知 平松禎史 メル・ギブソン ゲイリー・シニーズ 重松清 瀬越憲作 四宮正貴 マヌエル・プイグ UA ハーバート・サイモン つちやかおり ドウェイン・マーフィー 村田雄浩 呉健雄 Siri ポール・ダナ 平岡拓晃 カルロス・フエンテス アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー ラムゼイ・マクドナルド バディ・ホリー マット・ダフィー ソニー・ロリンズ あべこうじ 林智也 ジョン・ネイピア 遠藤柳作 ファッツ・ドミノ 高橋正純 ユーリ・ジルコフ JOY ジョン・バッカス 吉川幸次郎 遠藤愛 ライザ・ミネリ マーセデス・ルール 時田愛梨 谷真一 浅田美代子 ルーラッハ 吉松隆 館山昌平