インターネット辞典

永野修身とは

永野修身

永野 修身(ながの おさみ、1880年(明治13年)6月15日 - 1947年(昭和22年)1月5日)は、日本の海軍軍人、教育者。
海軍兵学校28期、海軍大学校甲種8期。
最終階級および栄典は元帥海軍大将従二位勲一等功五級。
第24代連合艦隊司令長官。
第38代海軍大臣。
第16代軍令部総長。
海軍三長官全てを経験した唯一の軍人。
A級戦犯の容疑で東京裁判中に巣鴨プリズンにて病死。
千葉工業大学の創設者。
1880年(明治13年)6月15日、高知県で士族(上士)永野春吉の四男として生まれる。
海南中学を卒業。
若い頃は侠気に満ち、清水次郎長に弟子入りしようとした。
1898年(明治31年)、海軍兵学校第28期に116名中2番の成績で入学する。
永野は元々政治家を志しており、東京帝国大学への入学を希望していたが、受験日程の関係から腕試しに海軍兵学校を受験したところ合格、周囲の説得もあり後に軍人を志すようになるが、その後も軍事学以外にも日頃から政治や経済、外交、科学など幅広く専門書籍を読み勉学を続けた。


スポンサーリンク