インターネット辞典

桑原義行とは

桑原義行

桑原 義行(くわはら よしゆき、1982年6月15日 - )は、東京都北区出身の元プロ野球選手(外野手)。
日大豊山高校時代、3年時の夏に第82回全国高等学校野球選手権大会に出場。
高校卒業後は、日本大学へ進学。
東都大学リーグ通算60試合出場、210打数64安打、打率.305、0本塁打、18打点。
2003年春季のリーグ戦で首位打者になる。
ベストナイン3度受賞。
4年生の時に全日本大学野球選手権大会で準優勝、日米大学野球日本代表に選ばれる。
2004年のドラフト8巡目で横浜ベイスターズに入団。
二軍で好成績を残していたが、9月1日に左膝前十字靭帯断裂の手術をした。
2006年、シーズン終盤に骨折で登録抹消となった小池正晃との入れ替えで初昇格の機会が巡って来ると、10月1日の対ヤクルト戦でプロ初安打。
2007年は二軍では打率.283、6本塁打、26打点とまずますの成績を残すが、一軍昇格はならなかった。
2008年も2年連続で一軍出場無しに終わった。
2009年は7月29日に一軍登録されるが、その後はヒットを打てず8月序盤に降格となる。


スポンサーリンク