インターネット辞典

栗原小巻とは

栗原小巻

栗原 小巻(くりはら こまき、1945年3月14日 - )は、日本の女優。
本名同じ。
東京都世田谷区出身。
父は劇作家の栗原一登。
人物・来歴 日本大学藝術学部で父の同僚だった三浦朱門によると、父は「二人でも食いかねているのに、子供が生まれる。
困ったな、困り切った、というので小巻という名前にした」という。
当初はヴァイオリニストになろうとしていたが断念。
桐朋女子を経てバレリーナを目指し東京バレエ学校に通っていたが、演技の基礎が必要と教師に言われ同校を卒業した後、1963年に劇団俳優座に入った。
俳優座花の15期生の一人。
1968年の『三人姉妹』(チェーホフ)で注目を浴び、以降、舞台を主軸に活動。
テレビドラマでは、1964年に『虹の設計』にてデビュー。
1967年の『三姉妹』を皮切りに、『樅ノ木は残った』『黄金の日日』などの出演で知られる。
映画では、高橋治監督の『ゴメスの名はゴメス』(1967年)で初出演。
1972年の『忍ぶ川』は代表作の1つで、加藤剛相手に大胆なベッドシーンを見せたことで有名(毎日映画コンクール女優演技賞)。


スポンサーリンク

注目の人名