インターネット辞典

村上義則とは

村上義則

村上 義則(むらかみ よしのり、1950年6月15日 - )は、香川県小豆郡小豆島町出身の元プロ野球選手(投手)。
中日ドラゴンズに所属した。
小豆島からは常盤佳久、石床幹雄に続くプロ野球選手。
来歴・人物 1968年度ドラフト会議で阪急ブレーブスから11位指名されるも、入団を拒否し大倉工業へ入社。
2年後の1970年度ドラフト会議で中日ドラゴンズから4位指名され、入団した。
中日入団時、背番号は小豆島を舞台にした壺井栄の名作「二十四の瞳」にちなんだ「24」と村上自身が憧れていた同じ左腕の大投手、金田正一の「34」が用意されていたが、村上は迷わず「34」を選んだ、と言われる。
オーバースローのフォームからの速球と、ドロップのようなカーブのみが武器。
プロでは実績を残せず、7年間でわずか20試合登板1勝1敗の成績に終わり、1977年オフ、戦力外通告を受けた。
しかし、村上はある試合に登板したことで日本プロ野球史にその名を残している。
それは巨人・長嶋茂雄の引退試合となった、1974年10月14日に後楽園球場で行われた巨人対中日ダブルヘッダー(第25・最終26回戦)で、村上は第1試合に先発投手として登板したが(これがプロ唯一の先発)、4回裏に長嶋に通算444本目、即ち長嶋のプロ公式戦最後のホームランを献上したことにより、村上は「長嶋茂雄に本塁打を打たれた最後の投手」として球史に名を残す結果となってしまった。


スポンサーリンク

注目の人名

Ami ザヒ・ハワス ユーリー・ドルゴルーキー HIRO 松本友里 岩渕真奈 パーシャ・グリシュク SHELLY 黒田俊介 UA ゴットフリート・ライプニッツ ポール・モリター 森章剛 聖菜 ヴィクトリア 池田健 塩崎潤 オラフ・ステープルドン ヤン・カダール ウァレンティニアヌス2世 ゲイリー・シニーズ 丸岡修 竹下佳江 佐野洋 西野カナ 村田雄浩 カール8世 楠大典 コリン・カウギル ウンベルト2世 小高早紀 ゴットフリート・ゼンパー 水谷勇 榎康弘 水谷舞 米森麻美 ベガ E・E・スミス かないみか ジャック・ルビー 山野愛子 入船加澄実 アルマン 奥田瑛二 オットマール・フォン・モール 成田志織 フィリップ・ド・ブロカ 青柳誠 エドゥアルト・レメーニ 小池秀郎 KOTOKO アレクセイ・ヤグディン 吉松隆 井上毅 因幡晃 平松禎史 嶋大輔 李鍾郁 ロジャー・ムーア ジョージ・ベスト シルビオ・ゲゼル 吉井怜 サチェル・ペイジ 柳川荒士 前田慶寧 木村太郎 中払大介 丸山夏鈴 ラウル・メイレレス リュック・ベッソン 西靖 范志毅 陳景潤 石川瞳 石川友紀 金山一彦 ライマン・フランク・ボーム イリヤ・メチニコフ ジョゼフ・デュプレシ 李容九 鏡貴也 湊川誠隆 富士錦猛光 マリア・ライヒェ ロバート・キャパ 井上純 横山やすし 山崎唯 本堂保次 ジョージ・オラー ペドロ・ディニス 桂久武 田村恵 毛利名人 オダギリジョー 木村功 和田勉 MAKO 盧武鉉 菅野よう子