インターネット辞典

本多延嘉とは

本多延嘉

本多 延嘉(ほんだ のぶよし、1934年2月6日 - 1975年3月14日)は、日本の新左翼活動家。
革命的共産主義者同盟全国委員会の最高指導者。
1934年2月6日 東京都神田和泉町に出生。
父は全逓労働者。
旧浅草区鳥越で育つ。
柳北小学校に入学。
太平洋戦争中は、一家で埼玉県北足立郡足立町(現志木市)に疎開。
同地で宗岡小学校を卒業。
1946年4月 県立旧制川越中学校(現・埼玉県立川越高等学校)入学。
中学生で日本共産党の青年組織・青年共産同盟(のちの日本民主青年同盟)に加盟。
川越高等学校で共産党に入党。
1953年4月 早稲田大学第二法学部入学。
1954年4月 早稲田大学第一文学部国史学科に転入学(1958年中退)。
早稲田大学新聞編集長として精力的に活動。
早大新聞、共産党早大細胞(当時400名いた)の指導的地位を占める。
1956年のハンガリー動乱に衝撃を受け、既成の日本共産党の組織および理論・路線を「スターリニズム」として決別し、1957年末 黒田寛一の弁証法研究会に参加する。


スポンサーリンク

注目の人名