インターネット辞典

平山郁夫とは

平山郁夫

平山 郁夫(ひらやま いくお、1930年6月15日 - 2009年12月2日)は日本画家、教育者。
日本美術院理事長、一ツ橋綜合財団理事、第6代・第8代東京藝術大学学長を務めた。
文化勲章受章者。
称号は広島県名誉県民、広島市名誉市民、鎌倉市名誉市民。
子に古代生物学者の平山廉(早稲田大学教授)。
妻は平山美知子(公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館館長)。
旧制広島修道中学(現修道中学校・高等学校)3年在学中、勤労動員されていた広島市内陸軍兵器補給廠で広島市への原子爆弾投下により被災。
この被爆経験が後の「文化財赤十字」活動などの原点になっている。
第二次世界大戦後は実家に近い旧制忠海中学(現広島県立忠海高等学校)に転校した。
ここでは高橋玄洋と同級生となっている。
卒業後、清水南山(祖母の兄)の強い勧めもあり東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学。
前田青邨に師事する。
東京藝術大学で助手を務めていた1959年ごろ、原爆後遺症(白血球減少)で一時は死も覚悟したなか玄奘三蔵(三蔵法師)をテーマとする『仏教伝来』を描きあげ院展に入選する。


スポンサーリンク