インターネット辞典

岸由一郎とは

岸由一郎

岸 由一郎(きし ゆういちろう、1972年9月30日 - 2008年6月15日)は、日本の学芸員、交通史研究家。
鉄道博物館学芸員。
1972年9月、群馬県前橋市生まれ。
中学・高校時代を福井県で過ごし福井大学附属中学校、福井県立藤島高校を卒業する。
この時期、鉄道友の会福井支部に在籍しており、京福電気鉄道福井鉄道部(後のえちぜん鉄道)の列車に親しんだことが鉄道分野での本格的な活動のきっかけとなったという。
1991年4月に東京学芸大学教育学部情報環境教育課程(J類)文化財専攻に進学し、交通地理ゼミにおいて青木栄一教授の指導を受けた。
大学在学当時から『鉄道ピクトリアル』誌などへの投稿を始めた。
その後、東京学芸大学大学院教育学研究科博物館学専修に進学する。
青木とは、自宅も隣接し、公私ともに親しくしていたという。
卒業論文のタイトルは「地方私鉄における旅客車両の変遷に関する研究 -福井県京福電気鉄道を例に-」、修士論文のタイトルは「鉄道博物館の成立と変容」であった。


スポンサーリンク