インターネット辞典

山本夏彦とは

山本夏彦

山本 夏彦(やまもと なつひこ、1915年6月15日 - 2002年10月23日)は、日本の随筆家、編集者。
東京市下谷根岸出身。
山本三郎(1879-1928)の子として東京の下谷根岸に生まれる。
父親は坪内逍遥に傾倒して慶応から早稲田に転学し、山本露葉の名で、児玉花外、山田枯柳らとともに若手の新体詩人として注目されたが、夏彦が小学6年のときに死亡。
15歳で渡仏。
3年後に帰国し、24歳のときにフランス童話『年を歴た鰐の話』の翻訳で文壇デビュー。
のちに老舗雑誌となった『室内』を創刊し、コラムニストとしても活動した。
『週刊新潮』に「夏彦の写真コラム」を連載していた。
また文藝春秋刊の『諸君!』で「笑わぬでもなし」を没する少し前まで350回余り書き続けた。
祖父は高利貸しの山本義上(1848年 - 1909年、ゆえに銀行を嫌った)。
父は詩人の山本露葉。
息子は写真週刊誌『FOCUS』の編集長を務めた編集者の山本伊吾。
義兄(姉の夫)にロシア文学者、脚本家の八住利雄。
山本にとっては甥に脚本家の白坂依志夫。
年譜 山本露葉の三男として生まれる。


スポンサーリンク