インターネット辞典

山本卯太郎とは

山本卯太郎

山本 卯太郎(やまもと うたろう)は、大正末期から昭和初期の橋梁技術者。
複雑な構造をもつ可動橋を得意とし、多数の跳上橋を設計。
数学の手法を用いて、可動橋の動的なメカニズムを解析。
新技術を開発し、独自の発展を遂げた可動橋分野を牽引した人物。
名古屋高等工業学校を卒業後、米国に渡航し、4年間橋梁を研究。
1919年(大正8年)、山本工務所を興す。
1927年(昭和2年)2月に竣工した名古屋港跳上橋(登録有形文化財、1999年(平成11年)2月17日登録)、1931年(昭和6年)12月に竣工した末広橋梁(重要文化財、1998年(平成10年)12月25日指定)を設計。
名古屋高等工業学校で教鞭をとり、後進の育成にも努める。
1931年(昭和6年)に体調を崩したが、回復。
1932年(昭和7年)頃から、おもに近畿方面や日本国外での設計・製作に携わるが、出張先で倒れ、1934年(昭和9年)4月20日に急逝。
設計橋梁(国内) 1926年(大正15年) 隅田川駅跳上橋(東京都荒川区) カウンターウエイト: 約75 トン(可動部重量: 約40 トン) 1926年(大正15年) 正安橋(大阪市此花区) 1927年(昭和2年) 名古屋港跳上橋(名古屋市港区) 1928年(昭和3年) 栄橋(香川県坂出市) 1929年(昭和4年) 古川可動橋(東京都港区) 1930年(昭和5年) 福島新橋(徳島県徳島市) 1931年(昭和6年) 末広橋梁(三重県四日市市) カウンターウエイト: 約24 トン(可動部重量: 約48 トン)隅田川駅跳上橋・正安橋は、ほぼ同時期に竣工し、日本初の跳上橋である。


スポンサーリンク

注目の人名

タニヤ・ドネリー ウディ・ガスリー 三井修 八谷泰造 アンドレア・ダンドロ DJ OZMA 岩本裕 丸山詠二 ウォーレ・ショインカ エリザベス1世 ティム・ハドソン エリア・カザン SU ドナルド・ヘッブ 平岳大 レイモン・コパ MCU ルイス・ヒメネス 田中幹保 ジェリー・ルイス アルベルト UZ 大河 キャサリン・パー TAKAHIRO 七草 ソニー・ロリンズ デビッド・パッカード 北畠八穂 岡田茂 鷲谷亘 大谷亮介 PUSHIM 浅野祥 エルトン・メイヨー マギー司郎 つちやかおり KOTOKO ベガ 石川瞳 塚本幸一 カロラ・ヴァーサ ウェンディ・ワッサースタイン アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー 池田健 キム Emma ジェフ・ポーカロ ジーン・シモンズ TK 山本文郎 伊東勤 こげどんぼ* ハインリヒ・グレーツ 山本嘉次郎 カロリーネ・シェリング トビー・フーパー デレク・トレント ゲイリー・シニーズ セメレーニ・オスヴァルド 根津嘉一郎 (2代目) 安西均 西靖 ジョー・サンプル ヘルマン・ハインリヒ・ゴッセン 木原光知子 伊藤洋三郎 グラント・ウッド マーセデス・ルール フリードリヒ・ケクレ ゲイリー・ムーア ゼップ・マイヤー 高橋斗亜 お登勢 ジョン・タトゥーロ 平松禎史 木村太郎 黒部幸英 福井俊彦 葉室鐵夫 中村鴈治郎 (2代目) 千坂恭二 カール・マルクス ウィル・アイ・アム グエン・ドク OZA REN アンディ・ジョンソン アルジャーノン・ブラックウッド 柳川荒士 ケビン・キーガン グレゴリー・マルグリス 新村出 アルトゥーリ・ヴィルタネン BT UA カルロス・フエンテス Mina アブドゥルラフマン・ワヒド Miyu