インターネット辞典

山本卯太郎とは

山本卯太郎

山本 卯太郎(やまもと うたろう)は、大正末期から昭和初期の橋梁技術者。
複雑な構造をもつ可動橋を得意とし、多数の跳上橋を設計。
数学の手法を用いて、可動橋の動的なメカニズムを解析。
新技術を開発し、独自の発展を遂げた可動橋分野を牽引した人物。
名古屋高等工業学校を卒業後、米国に渡航し、4年間橋梁を研究。
1919年(大正8年)、山本工務所を興す。
1927年(昭和2年)2月に竣工した名古屋港跳上橋(登録有形文化財、1999年(平成11年)2月17日登録)、1931年(昭和6年)12月に竣工した末広橋梁(重要文化財、1998年(平成10年)12月25日指定)を設計。
名古屋高等工業学校で教鞭をとり、後進の育成にも努める。
1931年(昭和6年)に体調を崩したが、回復。
1932年(昭和7年)頃から、おもに近畿方面や日本国外での設計・製作に携わるが、出張先で倒れ、1934年(昭和9年)4月20日に急逝。
設計橋梁(国内) 1926年(大正15年) 隅田川駅跳上橋(東京都荒川区) カウンターウエイト: 約75 トン(可動部重量: 約40 トン) 1926年(大正15年) 正安橋(大阪市此花区) 1927年(昭和2年) 名古屋港跳上橋(名古屋市港区) 1928年(昭和3年) 栄橋(香川県坂出市) 1929年(昭和4年) 古川可動橋(東京都港区) 1930年(昭和5年) 福島新橋(徳島県徳島市) 1931年(昭和6年) 末広橋梁(三重県四日市市) カウンターウエイト: 約24 トン(可動部重量: 約48 トン)隅田川駅跳上橋・正安橋は、ほぼ同時期に竣工し、日本初の跳上橋である。


スポンサーリンク

注目の人名