インターネット辞典

小栗虫太郎とは

小栗虫太郎

小栗 虫太郎(おぐり むしたろう、1901年(明治34年)3月14日 - 1946年(昭和21年)2月10日)は、日本の小説家、推理作家、秘境冒険作家。
東京都千代田区外神田出身。
本名は小栗 栄次郎(おぐり えいじろう)。
漢語カタカナルビと西洋の知識に彩られた、極度のペダントリー的作風(衒学趣味)で著名。
代表作は、『完全犯罪』や推理小説の三大奇書の一つ『黒死館殺人事件』。
1901年(明治34年)3月14日 、 東京市神田旅籠町(現東京都千代田区外神田)で生誕。
1913年(大正2年)、東京女子高等師範学校附属小学校卒業。
1918年(大正7年)、京華中学校卒業。
1927年(昭和2年)、織田清七名義で、処女作『或る検事の遺書』を春陽堂の発行する雑誌『探偵趣味の会』の機関誌『探偵趣味』の10月号に発表する。
1933年(昭和8年)、『完全犯罪』を雑誌『新青年』(博文館)7月号に発表し、一躍流行作家となる。
1934年(昭和9年)、探偵の法水 麟太郎(のりみず りんたろう)が活躍する大作『黒死館殺人事件』を『新青年』に発表する。


スポンサーリンク