インターネット辞典

大竹宏とは

大竹宏

大竹 宏(おおたけ ひろし、1932年3月14日 - )は、日本の俳優、声優。
神奈川県出身。
テレビ草創期から活躍している。
銀プロダクション養成所、CHK声優センターなどで講師も行っている。
三輪勝恵と並び、『パーマン』では1967年の第1作から、2004年の劇場版までパーマン2号(ブービー)の声を一貫して演じ続けている。
『Dr.スランプ アラレちゃん』でニコチャン大王を演じる際、愛知県出身である杉山佳寿子から名古屋弁の指導を受けてアフレコに臨んだ。
納谷六朗とは同い年で、『キョロちゃん』で共演していた。
明治高等学校卒業。
かつては児童劇団・合唱団ちどり會、劇団ちどり(主宰)、劇団東少、東京俳優生活協同組合、青二プロダクション(創立メンバー)、オフィス薫、ぷろだくしょん★A組に所属していた。
1950年代前半頃より俳優として舞台に立ち、舞台公演の他、ラジオドラマ(声のみの出演)等でも活躍していた。
1956年、NHKの人形劇番組『アシンと13人の盗賊』の手下役で声優としてもデビューを飾った。


スポンサーリンク