インターネット辞典

大林素子とは

大林素子

大林 素子(おおばやし もとこ、1967年6月15日 - )は日本の元バレーボール選手、スポーツキャスター・タレント・女優・モデルである。
ホリプロ所属。
東京都小平市出身、八王子実践高等学校卒業。
日本バレーボール協会広報委員(元バレーボール全日本女子選手)、神戸親和女子大学発達教育学部ジュニアスポーツ教育学科客員教授。
父は商社マン、母は陸上競技で走り高跳びの東京五輪候補だった選手。
この母親の後押しもあり中学生のときにバレーボールを始める。
たまたま家が日立の練習場に近かったこともあり、当時の日立の監督であった山田重雄にファンレターを出した。
すると山田から「良かったら練習を見に来てください。
」と返事が来て、それがきっかけでたびたび日立の練習場に見学に行くようになった。
小平市立第二中学校卒業後の1983年、八王子実践高等学校に進学。
第15回(1984年)春の高校バレーは3位、第16回(1985年)は準優勝であった。
1985年、高校在学中に全日本代表初選出。
同年のワールドカップで国際大会デビューを果たす。
1986年、当時実業団のトップチームであった日立に入団。


スポンサーリンク

注目の人名