インターネット辞典

垣野多鶴とは

垣野多鶴

垣野 多鶴(かきの たづる、1951年6月15日 - )は、野球選手(内野手)・監督。
現在は社会人野球・NTT東日本硬式野球部監督。
第15回アジア競技大会野球日本代表監督。
長崎県佐世保市出身。
長崎県立佐世保工業高等学校では1973年、2年生の時に右翼手、一番打者として夏の甲子園県予選決勝に進むが、海星高に敗退。
翌夏も県予選準決勝で長崎工に敗れ、甲子園には届かなかった。
卒業後は東海大に進学し、内野手として活躍。
首都大学リーグでは、いずれも秋季に4回の優勝を経験。
1973年の第2回日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。
1974年に三菱自動車川崎に入社。
1976年の都市対抗に日本鋼管の補強選手として出場、準々決勝で同点適時打を放つなど活躍し、チームの優勝に貢献。
1980年には選手兼任監督としてチームを牽引、8年ぶりの都市対抗出場に導く。
現役を引退し監督に専任した1985年には都市対抗でチームをベスト4に押し上げた。
1989年シーズン限りで勇退すると、1996年にはアトランタオリンピック野球日本代表のコーチを務めた。


スポンサーリンク