インターネット辞典

吉田孝行とは

吉田孝行

吉田 孝行(よしだ たかゆき、1977年3月14日 - )は兵庫県川西市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。
現役時代のポジションはFW。
滝川第二高等学校時代には日本で開催されたFIFA U-17世界選手権(1993年)に中田英寿、宮本恒靖、松田直樹と共に出場。
高等学校卒業後、横浜フリューゲルスに入団。
当時のシルバ監督が積極的に若手を起用していたこともあり、一年目から試合出場のチャンスを得て、フリューゲルス時代は95試合に出場し、21得点を挙げた。
1998年に横浜マリノスとの合併によるチーム消滅に伴い、横浜F・マリノスに移籍。
なお、フリューゲルス最後の試合となった1999年元日の天皇杯決勝で試合を決める得点を挙げている。
横浜F・マリノスでは、なかなか出番に恵まれず、2000年途中に大分トリニータに移籍。
大分ではキャプテンを任されJ1昇格に貢献。
ここで現在のような中盤のフリースタイラーとしてのプレースタイルを確立する。
大分で中心選手として活躍していたが、古巣の横浜FMからオファーを受け2006年に完全移籍で6年ぶりに復帰。


スポンサーリンク