インターネット辞典

古畑種基とは

古畑種基

古畑 種基(ふるはた たねもと、1891年(明治24年)6月15日 - 1975年(昭和50年)5月6日)は日本の法医学者。
三重県紀宝町出身。
東京大学医学部名誉教授。
科学警察研究所所長を務め、科学捜査の研究に寄与。
日本の法医学の草分けの一人である。
ABO式血液型の研究に多大な功績を残した。
年譜 和歌山市内に転居。
和歌山中学校(現和歌山県立桐蔭中学校・高等学校)卒業。
1916年(大正5年)- 東京帝国大学医学部を卒業。
1923年(大正12年)- 金沢医科大学の法医学教授となる。
以後、東京大学(1936–1952年)、東京医科歯科大学(1952–60年)の教授を歴任。
1947年(昭和22年)- 帝国学士院会員に選任される。
1956年(昭和31年)- 法医学研究の業績が認められ、文化勲章受章。
1960年(昭和35年)- 科学警察研究所所長。
1970年(昭和45年)- 春の叙勲で勲一等瑞宝章受章。
1971年(昭和46年)- 脳血栓で倒れ、療養に入る。
1975年(昭和50年)- 5月6日、死去。
贈正三位、贈勲一等旭日大綬章。
83歳没。
法医学に関する業績 ABO型血液型の研究古畑は法医学教室の教授として、市田賢吉、岸孝義とともに金沢医大に赴任した。


スポンサーリンク