インターネット辞典

今村文昭とは

今村文昭

今村 文昭(いまむら ふみあき、1977年7月13日 - )は、熊本県人吉市出身の元プロ野球選手(投手、内野手)。
来歴・人物 小学4年で野球を始める。
九州学院高時代は投手兼内野手として活躍。
1995年春の県大会で優勝し、九州大会でも準優勝し、3本塁打を放った。
夏の県大会は決勝戦で敗れ甲子園出場を逃す。
同年のドラフトにて福留孝介の抽選に外れたオリックス・ブルーウェーブに1位指名を受けて入団。
入団後は内野手に専念するも、5年間で一軍出場わずか9試合に終わる。
2001年に投手転向し、転向1年目に初勝利を挙げる。
2002年は中継ぎで24試合に登板。
しかし、2003年は不本意な成績に終わり、同年オフに戦力外通告を受けて現役を引退。
現役引退後は、オリックスの球団本部アシスタントスタッフ打撃投手を経て、2015年よりスコアラー(球団本部編成部スコアラーグループ)。
現役時代の同僚の嘉勢敏弘と萩原淳も、今村と同様に野手から投手に転向している。
詳細情報 年度別投手成績 年度別打撃成績 記録 打撃記録 初出場・初先発出場:1999年4月7日、対大阪近鉄バファローズ1回戦(大阪ドーム)、8番・指名打者として先発出場、3打数無安打 初安打:1999年5月8日、対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)、5回表に園川一美から右前安打 初打点:1999年5月14日、対西武ライオンズ7回戦(西武ドーム)、6回表に日高剛の代打で出場、森慎二から左前2点適時打投手記録 初登板・初勝利:2001年3月28日、対西武ライオンズ2回戦(グリーンスタジアム神戸)、10回表から4番手で救援登板・完了、1回1失点 初奪三振:2001年4月2日、対日本ハムファイターズ1回戦(東京ドーム)、6回表に中村豊から 初セーブ:2002年4月13日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(グリーンスタジアム神戸)、7回表から2番手で救援登板・完了、3回無失点 初先発:2003年9月28日、対千葉ロッテマリーンズ25回戦(千葉マリンスタジアム)、1回0/3を5失点で敗戦投手 背番号 32 (1996年 - 1998年) 4 (1999年 - 2000年) 39 (2001年 - 2003年) 105 (2004年 - ) 関連項目 熊本県出身の人物一覧 オリックス・バファローズの選手一覧 脚注 ==。


スポンサーリンク

注目の人名

YURINO 村田雄浩 ジョージ・ベスト 森章剛 デミ・ムーア YUKO 小松江里子 マーガレット・モールズワース 水谷舞 デーブ・ロバーツ パンチョ・ゴンザレス 坂田めぐみ バージニア・ウェード マルコ・ロイス 香川敬三 オリン・エッゲン 栗原幸信 カミーユ・ピサロ 朝木智美 市河三喜 小峰元 寿ひずる 黒柳能生 田村恵 丸岡修 マイケル・グリーン アネッテ・ディトルト 丸山詠二 李鍾郁 エドワード1世 オットー・ブレンデル 代々木忠 アーヴィング・ペン 前田慶寧 米森麻美 グジェゴシュ・フィテルベルク 楠大典 オダギリジョー オキサイド・パン 遠藤柳作 KEI 佐野洋 盧武鉉 トーマス・ゴールド 山崎唯 ギャリー・ケリー エル・シッド 李容九 八谷泰造 アントニー・ヴァン・ホーボーケン マット・ヒューズ ロブ・ディアー まち ハリー・ホーカー SHELLY エリエル・サーリネン 塩崎潤 ウィリアム・クラーク・イーストレイク 伊井篤史 ジョージ・キューカー 西靖 国府田ひとみ 柿沼和恵 アンドレア・ダンドロ PUSHIM 福島敦子 デイヴィッド・ギャレット アート・リンゼイ ディーン・フジオカ 岩切英司 MCU 栗原みきこ 聖菜 ウンベルト2世 アテフ・ハリム 熊井啓 ペドロ・ディニス エマヌエーレ・クリアレーゼ グエン・ゴク・ロアン 大友康平 うえだゆうじ 辻理 牧野節子 HIROKI ポール・モリター イーロン・マスク ナオミ・キャンベル ミラン・ウイリアムズ 内野謙太 石渡康浩 サム・ウッド ネブ 堀潤 安田拡了 小高早紀 アルテミジア・ジェンティレスキ 八木沢荘六 大河 中鶴勝祥 伊東秀子