インターネット辞典

ルー・ハリソンとは

ルー・ハリソン

ルー・シルヴァー・ハリソン (Lou Silver Harrison、1917年5月14日-2003年2月2日)は、アメリカの現代音楽の作曲家。
オレゴン州ポートランド出身。
世界中の民俗音楽を参照して出来上がる、一種のワールドミュージックに近い性質を持った作曲活動を行った。
12音技法で作曲したチェロとハープの為の組曲も佳品ではあるが、後にこの技法への敵意は凄まじいものとなった。
『太平洋のロンド』ではフィナーレに12音技法を配し、この技法が世界の調和を破るものとして用いられる。
ジョン・ケージとも共同作曲をするほど仲が良かったものの、ハリソンの楽天的な性格がケージの厭世的な性格と合わなくなり、最終的には決裂する。
ハリソンが晩年まで情熱を傾けた物が音律である。
世界の様々な音律に詳しかった彼は、世界の楽器を調律しなおす創作へ徐々に傾斜してゆく。
最も有名なのはジャワ・ガムランだが、韓国の伝統楽器も調律しなおして作曲しており、芸風の幅は広い。
舞台上のアップライトピアノを、自ら調律バーを持って聴衆の前で様々に違った調律の音階を聞かせるなど、聴衆の耳の覚醒すらも狙っていた。


スポンサーリンク

注目の人名

Ami ザヒ・ハワス HIRO UA SHELLY 松本友里 ヤン・カダール 黒田俊介 ユーリー・ドルゴルーキー 森章剛 岩渕真奈 パーシャ・グリシュク 丸岡修 E・E・スミス 西靖 今井信子 池田健 楠大典 ウンベルト2世 水谷舞 聖菜 竹下佳江 ポール・モリター ゴットフリート・ライプニッツ 小高早紀 西野カナ コリン・カウギル 山崎唯 塩崎潤 ウァレンティニアヌス2世 佐野洋 横山やすし 成田志織 高立直哉 KOTOKO 榎康弘 ゴットフリート・ゼンパー NAO 小川敏夫 三木武夫 本堂保次 水谷勇 ゲイリー・シニーズ 代々木忠 早見あかり 鏡貴也 遠藤柳作 オラフ・ステープルドン 村田雄浩 前田慶寧 ヴィクトリア 米森麻美 ベガ 青柳誠 カール8世 李鍾郁 柳川荒士 SIN 吉松隆 吉井怜 奥田瑛二 近藤真柄 内田義彦 中田久美 エドゥアルト・レメーニ オットマール・フォン・モール 平松禎史 山野愛子 真継伸彦 井上毅 因幡晃 細江英公 永井道雄 金山一彦 アレクセイ・ヤグディン パウル・ザッハー 玉森裕太 かないみか フィリップ・ド・ブロカ ロジャー・ムーア 渡邉幸愛 小池秀郎 きくち伸 木村功 ジャック・ルビー TiA 田村恵 マット・ヒューズ 丸山夏鈴 ジョージ・ベスト SNoW ジョージ・オラー 嶋大輔 KYO J 近衛忠煕 ラウル・メイレレス ペドロ・ディニス 和田勉 深作健太