インターネット辞典

ヨハネス6世カンタクゼノスとは

ヨハネス6世カンタクゼノス

ヨハネス6世カンタクゼノス(ギリシア語:Ιωάννης ΣΤ' Καντακουζηνός, ローマ字転写:JohannesⅥ Kantakouzenos, 1295年 - 1383年6月15日は、東ローマ帝国パレオロゴス王朝の皇帝(在位:1347年 - 1354年)、政治家、歴史家、修道士。
中世ギリシャ語読みではヨアニス6世カンダクジノス(もしくはカンダクヅィノス)。
慣例として使われる個人名のヨハネスはラテン語名で古典式表記はイオアンネス。
ラテン語のフルネームはヨハネス・カンタクゼヌス(Johannes Cantacuzenus)。
修道名はヨアサフ(Ιωάσαφ)。
カンタクゼノスの家系 カンタクゼノス家は11世紀末に初めて歴史上に登場する帝国の名門で、マヌエル1世コムネノス帝の時代には皇帝の縁戚にも名を連ね、その他の帝国の名門とも婚姻関係を結んでいた。
後に皇帝となるヨハネスの血統的出自に関しては不明なところが多いが、祖父と目されるミカエル・カンタクゼノスが東ローマ領ペロポネソス半島で対アカイア公国戦役に従事しており、父(奇妙な事にヨハネスは自分の父親の名前を自らの歴史書に記録していない)もペロポネソスの行政官を務めていた。


スポンサーリンク

注目の人名

Ami ザヒ・ハワス HIRO SHELLY UA ユーリー・ドルゴルーキー ヤン・カダール 松本友里 黒田俊介 E・E・スミス 西靖 パーシャ・グリシュク 岩渕真奈 丸岡修 今井信子 池田健 森章剛 ウンベルト2世 ジョージ・オラー 聖菜 成田志織 マット・ヒューズ 李鍾郁 ゴットフリート・ライプニッツ 楠大典 竹下佳江 小高早紀 水谷舞 西野カナ 榎康弘 鏡貴也 水谷勇 三木武夫 遠藤柳作 ポール・モリター 青柳誠 KYO 米森麻美 向井昭吾 香川敬三 代々木忠 ゲイリー・シニーズ 高立直哉 カール8世 ベガ TK NAO 富士錦猛光 本堂保次 ラウル・メイレレス ウァレンティニアヌス2世 SIN KOTOKO ゴットフリート・ゼンパー オラフ・ステープルドン 山崎唯 横山やすし コリン・カウギル 田村恵 深作健太 早見あかり 小川敏夫 ヴィクトリア 村田雄浩 ペドロ・ディニス 丸山夏鈴 MCU 塩崎潤 アルマン 玉森裕太 佐野洋 前田慶寧 ロジャー・ムーア 細江英公 范志毅 陳景潤 渡邉幸愛 オットマール・フォン・モール 因幡晃 パウル・ザッハー Kami フィリップ・ド・ブロカ 高橋里華 ドウェイン・マーフィー ディエゴ Origa Aya 井上毅 大河 ジョージ・ベスト エドゥアルト・レメーニ 鳥居みゆき 平松禎史 唐川侑己 SNoW 永井道雄 鴻野淳基 かないみか 和田勉 内田義彦