インターネット辞典

フレデリック・ヘンドリックとは

フレデリック・ヘンドリック (オラニエ公)

オラニエ公フレデリック・ヘンドリック(Frederik Hendrik van Oranje, 1584年1月29日 - 1647年3月14日)はオランダ総督。
オラニエ公ウィレム1世 (オラニエ公) ウィレム1世の末子、マウリッツ (オラニエ公) マウリッツの異母弟。
母はウィレム1世の4番目の妻でガスパール・ド・コリニーの娘ルイーズ・ド・コリニー ルイーズ。
父の政治能力と兄の軍事能力をバランス良くあわせ持っていたと言われ、オランダ(ネーデルラント連邦共和国)の内政・対外政策ともに中庸策をとって、国内の平穏と八十年戦争の終結に貢献した。

1625年に死去した兄マウリッツ (オラニエ公) マウリッツからオラニエ=ナッサウ家の家督とオランダ総督 総督職を継承した。
スペインとの戦争では、南部国境の諸都市を奪い、ほぼ現在のベルギーとの国境までオランダの領土を拡大し、またフランス王国 フランスと同盟を結んで勝利を収めた。
ヴェストファーレン条約の成立にも尽力したが、締結の前年に死去した。
しかし、この条約によってオランダは国際的に独立が承認され、スペインとも和平が成立して八十年戦争は終結した。


スポンサーリンク

注目の人名