インターネット辞典

フレッド・ジンネマンとは

フレッド・ジンネマン

フレッド・ジンネマン(Fred Zinnemann, 1907年4月29日 - 1997年3月14日)は、アメリカ合衆国の映画監督。
信念を貫く人物を描く作品で本領を発揮し、自身もハリウッドの中で信念を押し通した映画監督。
若き日に出会った記録映画監督ロバート・フラハティに強い影響を受けている。
また、マーケティングに基づいた今日の商業主義的映画製作に批判的な態度を示していた。
生涯 生い立ちと青年時代 オーストリア・ウィーンにて代々医師のユダヤ系ドイツ人(ユダヤ系)の家系にアルフレート・ツィンネマン(Alfred Zinnemann)として生まれる。
父は医師のオスカー・ジンネマン、母はアンナ。
医師の子として生まれたジンネマンは子供の頃から音楽家になることを夢見ていたが、才能がないことを知り早いうちに断念する。
ウィーン大学在学中にキング・ヴィダーの『ビッグ・パレード』、エリッヒ・フォン・シュトロハイムの『グリード』、カール・テオドア・ドライヤーの『裁かるゝジャンヌ』、セルゲイ・エイゼンシュテインの『戦艦ポチョムキン』等の映画に夢中になり、映画で生計を立てることを決心する。


スポンサーリンク

注目の人名