インターネット辞典

フェルディナント・ホドラーとは

フェルディナント・ホドラー

フェルディナント・ホドラー(Ferdinand Hodler、1853年3月14日 - 1918年5月19日)は、スイスの画家。
グスタフ・クリムトと並んで世紀末芸術の巨匠。
同年代の芸術家が皆パリに出て活躍したのに対し、ホドラーは画家として認められてからは、最後までスイスで活躍し、孤高の画家と言われた。
生涯 ホドラーは、1853年にスイスの首都ベルンで貧しい家庭の長男として生まれた。
父親は大工であった。
8歳になるまでに父親と弟二人を結核などの病気で相次いで失う。
母親は装飾美術を手掛ける職人と再婚するが、しかし1867年にやはり結核で死去する。
最終的には他の兄弟もすべて結核で亡くなってしまう。
貧困を極めていた幼少のホドラー自身が兄弟と母親の死体を荷車で貧窮院から運んだと回想録で語っている。
これら幼少期の体験が、彼の感性に「死」という存在を深く植えつけた。
義理の父親から手ほどきを受けた後、トゥーンの画家の下に弟子入りする(1867-70年)。
18歳の時にジュネーヴに戻る。
トゥーン滞在以来、看板職人をしたり観光客相手に絵を売って生計をたてていたが、画家のバルトロメ・メインの徒弟となり(1871-76年)、師の影響のもとコローやバルビゾン派の影響を受ける。


スポンサーリンク

注目の人名

Ami ザヒ・ハワス HIRO SHELLY UA ヤン・カダール ユーリー・ドルゴルーキー 松本友里 黒田俊介 丸岡修 池田健 岩渕真奈 パーシャ・グリシュク 森章剛 今井信子 E・E・スミス 西靖 水谷舞 楠大典 竹下佳江 小高早紀 ゴットフリート・ライプニッツ ポール・モリター 西野カナ ウンベルト2世 聖菜 村田雄浩 横山やすし 三木武夫 オラフ・ステープルドン 青柳誠 KOTOKO ベガ 本堂保次 小川敏夫 代々木忠 佐野洋 前田慶寧 塩崎潤 NAO 成田志織 カール8世 ヴィクトリア 米森麻美 早見あかり 遠藤柳作 李鍾郁 ウァレンティニアヌス2世 山崎唯 高立直哉 榎康弘 鏡貴也 ゴットフリート・ゼンパー コリン・カウギル ゲイリー・シニーズ 水谷勇 渡邉幸愛 平松禎史 奥田瑛二 富士錦猛光 かないみか 吉井怜 SIN アレクセイ・ヤグディン フィリップ・ド・ブロカ 唐川侑己 ロジャー・ムーア パウル・ザッハー エドゥアルト・レメーニ ジョージ・ベスト ジョージ・オラー SNoW マット・ヒューズ 和田勉 ペドロ・ディニス 内田義彦 柳川荒士 真継伸彦 因幡晃 細江英公 山野愛子 金山一彦 中田久美 吉松隆 小池秀郎 玉森裕太 オットマール・フォン・モール 永井道雄 近藤真柄 向井昭吾 田村恵 ジャック・ルビー 香川敬三 入船加澄実 ラウル・メイレレス 丸山夏鈴 嶋大輔 深作健太 木村功 きくち伸